見出し画像

手紙の返信のように その3

こんにちは。イラストレーターの大嶋です。

平野啓一郎さんの連載小説「マチネの終わりに」のコラボ企画の投稿です。

noteにて更新される「マチネの終わりに」は、毎朝届く手紙のように感じるところから、その「手紙」に返事を書くように小説を読んでおもい出したことを、メモとイラストに描いています。

--------------------------

小説に登場する蒔野と洋子は、それぞれの家庭で「人生山あり谷あり」な大きなポイントを迎えたような気がします。が、どことなく、淡々と過ぎてゆくような。
でも、洋子の今後の子供との時間が、まるでタイムカードで計られてるみたいに、キレイに夫と半分づつになるという生活は、なんだか胸が締め付けられてしまいました。。つらすぎる。

で、制作過程を少し、、、

↑現在「マチネの終わりに」を、このようにスマホで読んでいます。
これが毎朝更新されるので『「毎日届く手紙」のように感じる』のです。


↑そしてこちらが前回も載せましたメモ。
これを何かいい形にできたらと、最近もんもんと考えています。

↑その"もんもん"を脱出するため、手を動かして、スタンプにしてみました。
こちらは凹面で、イラストと一緒にテキストデータもスタンプにしました。
(ちなみに手彫りではありません。水洗いでボコボコさせています)


↑ためしに押してみました。
(こちらはためしなので、文字が見えづらいです、すみません)
いろいろ思うことがあったので、また改良をします。永遠に。。
なんだか大学のときの卒業制作を、季節のせいか思い出してきました。ちなみに卒制はうまくいかなかったので、、、
がんばります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
スタンプアーティスト、イラストレーターです。おじさんスタンプなど、街中のおじさんのスタンプを日々制作。noteで制作過程や展示の感想などを書いています。▶︎ http://natsuko-oshima.com

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。