村咲 くう

兼業イラストレーター(漫画家)の日常エッセイマンガと、相撲ファーストな考察(ほんとに?)。たまごサンド同人誌を制作してるのでおいしいものなども。無断転載はお控えください。 twitter:@fujimashiqoo お問い合わせはnatarajiya@gmail.comまで

村咲 くう

兼業イラストレーター(漫画家)の日常エッセイマンガと、相撲ファーストな考察(ほんとに?)。たまごサンド同人誌を制作してるのでおいしいものなども。無断転載はお控えください。 twitter:@fujimashiqoo お問い合わせはnatarajiya@gmail.comまで

    マガジン

    最近の記事

    コロナ太りの肯定的な言い方(力士ver.)

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 4コマ
      村咲 くう
    • 創作マンガ
      村咲 くう
    • 相撲コラム
      村咲 くう

    記事

    記事をすべて見る すべて見る

      オタ女がマツ☆の知らない世界に出る話

      たまごサンド評をコミケ会場でまったり頒布してた引きこもりオタ女に、2018年9月あるメールが届きます。そこから始まるザ・ノンフィクションレポ漫画です。 なんでもネタにするコミケ参加者w、10月のオンエア後速攻レポ漫画にし、11月の即売会と年末のコミケで頒布しました。イントロ部分は無料公開ですが、第二話・三話は有料記事です。 漫画内では番組名を『魔女の館』と匿名にしております。 さあ、このお団子頭の運命やいかに! つづく

      三月場所無観客の広い視野と長い目

      奇数月、本場所の土俵は神を宿す。 コロナウィルスが日本に上陸して約1か月。感染者が増える中、プロアマ各競技、多くは無観客で試合をするという判断をしている。本日、プロ競技でもあり神事でもある大相撲も同じ判断をした。 「神事」、大相撲がほかの競技と違う点である。初日の前日に土俵祭という神様を迎える儀式をし、千秋楽に「神送り」の儀式をする。長きにわたって伝承してきた本場所開催のプロセスである。 相撲でも神社の例大祭でも、現代の事情でやるべき行事をやらないのは、その神様に携わる者

      近所のお店ほど後回し

      明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします! 昨年は後半まったく更新しませんでしたが、更新ないのは良い知らせってことで。夏に豚汁にいきなりハマり、その勢いで11月に豚汁食べ歩き同人誌を出し、年末のコミケではぶっちゃけるとたまごサンド本より部数さばきましたw世の中に豚汁好き(トンジラー)がこんなに多いとは。 今年も好きな食べ物を徹底探究していきますね。 そしてもう一つ、相撲活動ですが、こちらも全力投球で不撓不屈の精神で頑張ります。ってことで4コマ更新しま

      掲載お知らせ・anan「手みやげ・ギフト」特集

      去る11/27発売されました、あの!ananにて!手土産のたまごサンドをご提案いたしました。 (告知遅くてすいません) いやぁ、オシャンな誌面ですねぇ。 わしはたまごサンドは立派な「ごちそう」にもなると思っているので、もちろん「お持たせ」になると考えていました。だからこのお店を頂いたとき、anan編集部さんもそう思って企画していたことがまず嬉しかったです。 「顔写真(イラスト可)下さい」と言われた時、イベント準備で忙しく、近々の同人誌で描いたコレをダメもとで提出したん

      わし的五月場所(イベント参加予定)

      ごぶさたの間にすっかり元号が変わっておりました。 色々多忙だったのは春のイベントに向けて、新刊を執筆していたのです。 なたらじ屋の2019春の新刊は、みんな大好き卵かけご飯を存分に楽しむ食べ歩き漫画『TKGは飲み物です。」。サンプルはPIXIVにあげております。 4/6に開催されたおもしろ同人誌バザールに間に合わせました!よく頑張った! そしてそして、元号またいで 5/6(祝) 文学フリマ東京@流通センター 5/12(日) コミティア128@青海展示棟 にも参加しますん

      着物批評家の着てるもの・・・

      ムラサキ クウとは

      相撲やら歌舞伎やら、遠征が必要な趣味を持ってしまった同人作家です。 漫画家になりそこねた女なので、漫画の執筆もできます。 主な使用ソフト: PHOTOSHOP CLIP STUDIO メディバンペイント 主なアナログ画材: コピック・透明水彩 動画編集ソフト: PREMIERE PRO 得意というか、知識があるというかのジャンルは和物、特に相撲、歌舞伎、仏教。日本舞踊師範&きもの文化検定2級なので、着物の知識もあります。 ペンネームの「くう」は空海と同じお誕生日なので

      お仕事依頼について

      大相撲: コラム・記事のライティングおよびイラストお引き受けします。 ↓それなりに歳なので、途中途中ブランクありつつも昭和の終わり頃から相撲観てます。十両以上だけでなく幕下以下(むしろこっちの方が好き)、相撲の歴史・文化などもオタク気味。 グルメ: たまごサンド(下記に別途記載)以外にも、喫茶店やパン屋さんなどの食べ歩き記事のほか、豚汁(最近はたまごサンドばりに探訪している)、セルフそば等のB級グルメ、洋・和スイーツ、お持たせなど。 ↓下記画像のようなコミックエッセイも執筆

      稀勢と力士とSNS

      元横綱・稀勢の里の荒磯親方が雑誌のインタビューで語った「SNSを力士がやる意味がわからない」という発言が、相撲ファンのTLで話題になっている。意見の多くは「稀勢の里らしい」とか「生活をさらけ出さないことで格を保てる」など荒磯親方の意見を尊重しているが、一方で「今の時代に見合わない」「ファンサービスの一環としてやるべき」などと、否定的な意見も。 力士に限らず芸能人・文化人でも、果ては一般人であっても、SNSの使い方ついては要考慮案件は多い。承認欲求でアホなことしでかす輩がブー

      一度やってみたかったやつ

      世代交代はまだと証明した玉鷲ちゃん

      以下、ずっと玉鷲「ちゃん」と呼びます。なんてったって乙女系なので。 ここ2年ほど、ツイッターでは玉鷲ちゃんの乙女キャライラストを描き続けてきましたが、今場所の優勝で世間に広く知られることになり、もっと全力で描いていこうと気持ちを新たに上記の優勝イラストを描きました。うふ。 今場所は稀勢の里・豪風の引退、鶴竜・白鵬・栃ノ心と30代力士が休場、一方で貴景勝と御嶽海が安定して強かったので、メディアは場所途中にも関わらず「世代交代か?」などとざわつきましたね。そのざわつきを相撲

      今年お願いごと