異世界剣豪.Pt


 聖剣が折れた。

 刃を魔王の胸に食い込ませたまま、黒い影は腕を振って勇者を振り飛ばす。聖剣は甲高い金属音を響かせて刃の根本から叩き折れる。そして勇者の手に握られた柄だけが共に飛ぶ。
 空中で絶命した亡骸は石床の上に血の跡を残しながら滑り、うつ伏せのまま動かなくなる。
 魔王の城の天井は崩落していて、崩れた天井からは嵐のような赤黒い曇天が広がっている。

 ここで終わりだ、と聖剣は思った。
 刃の破損で90%の機能を失われた。何よりもこの聖剣を振るうに相応しい人物はもうこの世にいない。握られた手から確実な生命反応の喪失を確認する。
 聖剣は倒すべき巨大な黒い影を遠くに見る。希望は失われた。後は魔王の成れの果てが遅かれ早かれ全てを滅ぼすだけだ。

 あともう少し、刃が深く突き刺さっていれば。
 諦観と共に、聖剣の意識がかすれていく。

 その刹那、黒い影の胸元の眩い光が煌めいた。

 文字通りの電光石火であった。この空間にいるのは勇者と黒い影だけだったはずなのに、つい先程まで存在しなかった、何者かが突如として現れる。
 その男は黒髪の若い青年で、精悍な顔つきにはどこかくたびれた影があった。
 彼は身の丈ほどある長大な剣を振り下ろして、黒い影の腕と鍔迫り合っている。三振りの剣と空の鞘一つを背負っており、手中にある剣は四つのうちの一つから抜刀されたものだ。

 その姿は、さながら剣豪のようであった。

 彼は黒い影の腕を弾き、両腕の肘から先を断つ。
 しかし敵は全く動じずに瞬時に腕を再生させる。危機を察した剣豪は一気に後方へと飛び退いて、致死の一撃を避ける。

 剣豪は勇者の亡骸の側に着地して、手にする大剣の柄を握り直す。
 それでは駄目だ。
 先程の一瞬の鍔迫り合いで相応の力量を持つと理解できる。しかし奴を倒すにはあの刃でないと駄目だ。

「そうなのか、ありがとう」

 剣豪は誰にも聞こえるはずのない聖剣の声に、答えた。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナタ

私は金の力で動く。

小説書き。異世界剣豪の作者。小説、映画感想、その他創作メモなど。お仕事は随時募集中。アイコンは娯楽人さん作。逆噴射