なるかわしんご
つながり(イメージ制作)について
見出し画像

つながり(イメージ制作)について

なるかわしんご

きっかけは


↑カバー写真(一部)
絵を作るきっかけになったのは、
NPO法人コネクトスポットさん。

コネクトスポットさんには1年半ほど前に
展示会で関わらせてもらったことがきっかけです。

毎回、企画内容や意図など代表の山下さんと
打ち合わせするのですが、
毎回話をすればするほど、
いつも描いているような表現では
感覚的な絵でも間に合わないというか。

どうも言葉では語り得ることが難しい。
だからこそ、言葉や意味の壁を超えて、
繋がっていきたいなと毎回強く思います。

前回は糸の力をかりました。

▼展示会はこちら
https://npo.connect-spot.net/art-exhibition

画像1

画像2

2021の2月から制作開始

そんなこんなで月日が流れ、
コネクトスポットの代表さんから
運営するポータルサイトに必要な
画像イメージを作成することに。

▶︎つなぎめ(ポータルサイト)

打ち合わせをしながら
イメージを
膨らませるべく
言葉で素材を集めました。

イメージのカケラを集めていく

keyword>concept>imageへと
より具体的にイメージを
作っていきます。

<Keyword>

 つなぎめ、多様性、異なり、
共生、循環、浄化、凸凹、地域、
寄り添う、社会 大きなまとまり、
細部の異なり、相違、違和、
調和、重なり、語りえぬもの

<concept>

それぞれが、共存し合う。
時に重なり合い、時に独立しあい、
時に力を合わせ、時に主張し合う
分かりやすくなく、
ごちゃごちゃしているだからこそ成立している。
多くのその人らしいストーリーがある
でもそれらは隣り合っている
(どこかで繋がっている、関係している)
それぞれの見方でそれぞれの解釈で良い
自分が入っていない感じがしてしまう。
→入りたいと思わせる。
いても良いし、居なくても良い。
類似・共通点(動物同士、小人同士)もあれば、
そうでない部分もある 平面的にならず、
奥行きがある 意味がありそうなものもあれば
なさそうなもの(余白)もある。
すぐに答えにたどり着くよりも
そのプロセスをそのひとなりに楽しめる。

<image>

小さい粒:きっかけ:

意識、感覚、神経、
信号、触れ合う、重なり
言葉にはできない何かetc

大きい塊:

個(自我)単体、人、異なり、凸凹
不揃い 全体感:細菌、藻類、生命
生き物、分子と原子、複雑さと美しさ
交わりと隔たり(均衡と調和)

集約させる・まとめる

スクリーンショット 2021-05-23 21.00.02

▼制作したものがこちら。

画像4


いろんな違いや異なりを

なんだか分かりにくくて
よくわからない。

で終わるのではなく

なんだか分かりにくくて
なんだかいい。

そんなふうに感じられたらいいな。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
なるかわしんご

サポートを糧にもっと面白く楽しくなるような創作や活動に変えていきます!(子育て支援・児童虐待予防、子どもに関わる分野での活動資金やえほんなど創作活動に当てていきます。)

なるかわしんご
絵本、イラスト描いたり、子どもや親、地域の活動をしています。 子どものことやえほんのことについて、イベントや活動について。 WEB:https://narukawa-shingo.work/