新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

美術館、作りました。

English (by DeepL and me) follows :)

 anno lab初の常設美術館をオープンすることができました。大分県豊後高田市にある長崎鼻リゾートキャンプ場の一角に建てられて、2020年8月1日開館です。名前を「不均質な自然と人の美術館 - Art Museum of Nature and Human Non-Homogeneity」としました。

 もう3年くらい準備してた感覚だけど、いま制作チームのメッセージスレッドを遡ってみたら1年ちょっとでした。逆に、1年でよくこんなの作れたな!と我がことながら驚いています。

 自然豊かなキャンプ場内に作られる施設なので、計画の最初期から変わらず、ただセンサーで取得した値をビジュアライズして「これが自然のもう一つの形です」みたいなことではなく、「人工の自然物を作ろう」というようなことをずっと言っていました。

 【自然物】を作ろうではなくて、【人工の自然物】を作ろう、です。(ちなみにこれは、オンライン運動会をやった後の感想として出てきた、「オンラインで【運動会】をやったというよりは【オンラインの運動会】をやった」というのと構造的には同じ話だと思います)

 果たしてそれが実現できているかどうかはぜひ現地へ足を運んで体験してみていただきたいのですが、豊後高田市のリリースにももう少し概要が書いてあります。
https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_05436.html
https://www.showanomachi.com/spots/detail/247

 おそらくこの投稿を見るほとんどの人にとっては結構な移動時間が必要な場所ですが、幸いにも現地はキャンプ場です。我々が自然と「自然をテーマに、自然を再解釈し、人工の自然を創り出そう」という発想に至ってしまうほど、素晴らしい自然がそこにはあります。ぜひ1泊でも2泊でも、美術館とキャンプ場の【自然】を楽しみにきていただきたいと思っています。

 また、本当はここで、一緒にこの美術館を創りあげてきた方々への感謝でも述べたいところですが、長くなり過ぎてしまうのでそれはまた別の機会に。

——
不均質な自然と人の美術館
Art Museum of Nature and Human Non-Homogeneity
住所|大分県豊後高田市4060 長崎鼻リゾートキャンプ場内
オープン日| 2020/8/1(土)
開館時間| 10:00〜17:00
休館日| 木曜日 ※2020/8/1~8/23まで無休
入場料|一般:700円 子ども(小学生・中学生):300円 ※未就学児無料
館へのお問い合わせ|豊後高田市観光まちづくり(株) TEL:0978-23-1860
作品へのお問い合わせ|anno lab TEL:092-775-3962
公式WEBサイト|www.nature-and-human.art
ご注意:現在、新型コロナウイルス感染防止のため、微熱があるなど、体調のすぐれない方はご入館いただけません。

----------

We've created a museum.

we are proud to announce the opening of the first permanent museum by anno lab.
It is built in the Nagasakibana Resort Campground in Bungo Takada City, Oita Prefecture, and will open on August 1, 2020.
We have named it "Art Museum of Nature and Human Non-Homogeneity".

It feels like we've been preparing for about three years now, but I just went back to the message thread of the production team and wow it's been a little over a year.
On the contrary, I'm amazed that we could make something like this in a year!

Since the facility will be built in a campground with beautiful nature, the plan has not changed since the beginning of the project, and it's not just to visualize the values obtained from sensors and say, "This is another form of nature," but rather, "Let's make a man-made natural object".
It's not, "Let's make a [natural object], let's make a [man-made natural object]".
(By the way, I think this is structurally the same story as the one that came up after I did an online sports day: "We did [an online sports day] rather than an online [sports day].")

I'd love you to visit the site and experience it to see if it's really happening, but the release from Bungo Takata has a bit more of an overview of the project.
https://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_05436.html
https://www.showanomachi.com/spots/detail/247

It's in a location that probably requires quite a bit of travel time for most people who see this post, but fortunately, the site is a campground.
There is so much amazing nature out there that we naturally came up with the idea of reinterpreting nature and creating man-made nature with the theme of nature.
We invite you to come and enjoy [man-made nature] at the museum and [nature] at the campground, for one or two days.

I would like to thank the people who have worked with me to build this museum, but this is going to be too long, so I'll save that for another time.

--.
Art Museum of Nature and Human Non-Homogeneity
Nagasaki-Nana Resort Campground, 4060 Bungo Takata City, Oita Prefecture
Opening Date : August 1, 2020 (Saturday)
Open hours : 10:00-17:00
Closed : Thursday (Open daily from Aug. 1 to Aug. 23, 2020)
General Admission : ¥700
Children (elementary and junior high) : ¥300
*Free for children before school
Inquiry about the museum : Bungotakata City Tourism and Town Development Co.
Inquiry about the artworks : anno lab TEL: 092-775-3962
Official website : www.nature-and-human.art
Note: As a precautionary measure to prevent the spread of COVID-19, visitors with a slight fever or who are not feeling well will not be admitted to the museum.

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけたら、書く勢いになります!

励みになります。 :)
15
インタラクティブコンテンツのプログラマ/コラボラティブプログラマ/運動会エンジニア/anno lab/「技術的な興味を突き詰めると思いやりが生まれる」と「プログラマにもっとも重要な能力は気遣いと思いやりである」がモットー。

こちらでもピックアップされています

お仕事報告と告知
お仕事報告と告知
  • 6本

the center of interest, idea, fun and joy

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。