「おひとり様」が亡くなったら

 人が亡くなったら、遺体の引き取りがまず問題になる。その後病院への支払や、遺品の処分、葬儀、相続等、死後の事務処理事項は盛りだくさんだ。これらは親族がいれば親族がやってくれるだろう。ただ、「おひとり様」の場合誰がやってくれるのか。生前何も手当てがなければ誰もやってくれないのは明らかだ。という心配があるので、「おひとり様」を対象とした終活セミナーなどをやると盛況のようだ。また、自分の死後の事務をやってくれる契約である「死後事務委任」への関心が高まっている。生前も見守りや財産管理などをやってくれる、ホームロイヤー契約のオプションとして契約することが多いようだ。ニーズも関心も今後は高まる一方だろう。専門家にとってはビジネスチャンスでもある。

鳥飼総合法律事務所 弁護士 奈良正哉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
元 みずほ信託銀行(株)総合リスク管理部長、同執行役員運用企画部長、同常勤監査役。みずほ不動産販売(株)専務取締役。 現 日弁連信託センター幹事、(株)タムロン社外監査役。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。