Tokyoが逃したレガシー
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Tokyoが逃したレガシー

田﨑 尚文

賛否両論巻き起こし、様々な懸念と分断と対立を起こしながら、結局予定通りに東京オリンピックが開幕しました。

新型コロナ感染者数の増加が止まらない東京都の緊急事態宣言延長が見込まれる状況の中、パラリンピックは予定通り開催されるのでしょうか。

さて、コロナ禍での開催の是非はおいといて、オリパラのレガシーがなんだって話はどうなったんでしょう。

前回の東京オリンピック1964では、ピクトグラムというレガシーを残しました。

アジア初のオリンピックとして、英語圏以外の人にもわかるサインとして考案されたピクトグラムは、当時概念が出来上がってなかったユニバーサルデザインのハシリだったともいえるものでしょう。

じゃあ、今回何をレガシーとすればよかったのか。

言語や文化の垣根を越えたユニバーサルデザインの先駆けとしてのピクトグラムに匹敵するレガシー。

密かに期待していたのは、属性を越えるユニバーサルデザインの完成形を提案できるレガシー。

そう、オリンピックとパラリンピックの並行開催です。

障害者スポーツの認知が高まっている中、パラリンピックがオリンピックと別日程でかつオリンピックの後に開催される慣例は、すでに時代遅れといっても過言ではないはず。

同都市開催がすでに当たり前なのだから、次の段階は同時並行開催しかないんです。

いずれはパラリンピックという名称すら不要になるかもしれない、その嚆矢としての同時並行開催を、この東京2020で実現できていれば、日本のみならず、世界に誇るレガシーとなったに違いありません。

しかし、そんなプランが俎上に上がることすらありませんでした。

開会式も、日本の、日本ならではの文化も未来も感じない残念なものでした。

スポーツの感動云々言いますが、それはオリンピックじゃなくても常にあるものです。

せっかくのオリンピックホストシティとしての矜持が感じられず、そしてこのコロナ禍での強行開催。

オリンピックパラリンピック開催が負のレガシーにならないことを願いながら、各競技の選手の活躍を応援しようと思います。

橋本選手、かっこよかったなぁ〜

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
I Love… (Official 髭男ism)
田﨑 尚文
4児の父。鉄道と東北楽天ゴールデンイーグルスを愛する少年野球チーム素人監督(剣道三段)。地域に根差したみんなの居場所・ハイパー児童館ぷれいすを作りたい。目指すは真のインクルージョン。座右の銘「笑顔は笑顔をつくる」「ダイエットは明日から」 筆は徒然なるままに。スキ、シェア大歓迎。