【ガイド】ウォレットに仮想通貨を入れる
見出し画像

【ガイド】ウォレットに仮想通貨を入れる

SBINFT Official

SBINFT Marketが対応している仮想通貨は、ETH(イーサ)Polygon(ポリゴン)/MATIC(マティック)です。


ETH

|仮想通貨取引所でETHを購入し、ウォレットに送金

ETH(イーサ)は国内の多くの仮想通貨取引所で取り扱いがある通貨で、ビットコインの次に主要な仮想通貨と言われています。

SBI VC トレードも、ETH(イーサ)を取り扱っている仮想通貨取引所のひとつです。


Polygon/MATIC

Polygon(ポリゴン)はETH(イーサ)のセカンドレイヤーです。ETH(イーサ)の手数料は高額といわれていますが、Polygonは比較的手数料が安く、気軽に利用しやすいというメリットがあります。
Polygonの通貨単位はMATIC(マティック)と呼ばれています。

|ETHからPolygon/MATICへ交換

仮想通貨取引所で入手したETH(イーサ)を、Polygon/MATICへ交換する方法です。


|JPYCからPolygon/MATICへ交換

JPYC(JPY Coin)とは、イーサリアム規格であるERC20を活用した日本初の日本円ステーブルコインです。
Polygon(MATIC)ネットワーク上のJPYCを購入し、そのままJPYCをMATICにすることができます。この方法を使うと、暗号資産取引所で口座開設してETH(イーサ)を購入し、MetaMask(メタマスク)に送金するという手間がなくなります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
SBINFT Official
SBINFT Marketは、NFTの発行・販売・二次流通機能を備えた登録制マーケットプレイスです。FAQはこちらのnoteをご確認ください。 ■URL:https://sbinft.market/ ■お問い合わせ:contact@sbinft.co.jp