臨床心理士と可愛い絵本②

臨床心理士と可愛い絵本②

大阪中津臨床心理カウンセリング


【へんしんトンネル】

『臨床心理士と可愛い絵本』と題して、
シリーズでお送りします(更新は気ままに〜です)。

幼い頃に好きだった絵本を
大人になった今あらためて手にした時、
そこには深くて広くて大きなメッセージがあるように感じました。

"大人になったから" だけでなく
"臨床心理士として" の視点も増えた私が、
一冊の可愛い絵本に想いを寄せて、語ります。

=====

第二回目にご紹介するのは
【へんしんトンネル】
(あきやまただし:作絵 金の星社)

〈あらすじ〉
あるところに、ふしぎなトンネルがありました。
そのトンネルを通ると、変身!してしまうのです。

例えば、
河童が「かっぱ、かっぱ、かっぱ」と言いながらトンネルと通ると・・・
トンネルから出てきたのは、
あら、ふしぎ!「ぱっか、ぱっか、ぱっか」と馬でした。
他にも、
ロボットが「ロボ、ロボ、ロボ」と言いながらトンネルと通ると・・・
あら、ふしぎ!「ボロ、ボロ、ボロ」とボロボロになって出てきました。

このトンネルは、
通ると変身してしまう とっても不思議なトンネルなのです。

=====

この可愛い絵本を読んで、
私は、こんなことを考えました。

(1)トンネルの中では葛藤している

トンネルは、暗くて長い、という特徴があります。
同時に、歩き続けたらいつか光が差してくる、という特徴もあります。

河童はトンネルに入ってしばらくは
暗くて、怖くて、先が見えなくて、
不安でたまらなかったのではないかと思います。

どうにか自分でこの苦しさを乗り越えようと悩んで、
ああでもない、こうでもない、と考えあぐねて、
もうこのままここに座り込んでしまおうか、歩き続けようか葛藤して、
自分で自分を励ましながら歩いた河童は、
次第に差し込む光に気がついて
トンネルを出てくる時「パッカ、パッカ、パッカ」と変身しているのです。


(2)葛藤して、大変身ではなく小さな変化が訪れる

トンネルの中で悩んで苦しんだ河童ですが、
その過程があったおかげで、
物事の捉え方・感じ方が変化したと考えることができます。

河童→馬 というのは大きな変化に見えますが、
「カッパ、カッパ、カッパ」が
「パッカ、パッカ、パッカ」になるのは、
どこに「、」を付けるかが変わっただけです。

ほんの少し視点が変わるだけで、
河童が馬になるくらいの変化が訪れるのです。

人間で例えるなら
車を激しくぶつけてしまい
「もう最悪だー」「修理費高すぎるー」と落ち込んだけれど、
心配してくれる人の優しさに触れたり
修理ついでに磨いてもらえて車がきれいになったり
「ありがたい出来事もあるなぁ」という視点を持つことで、
気持ちがちょっと楽になる、という変化があります。
(私の実話です・・・。運転、気をつけます。)

単にポジティブになろう!という意味ではありません。
「カッパ、カッパ、カッパ」→「パッカ、パッカ、パッカ」の変化は、
ポジティブでもネガティブでもないですね。

“ちょっと別の角度からも見えるようになる”
ということが大事なのではないかと思います。

(3)ユーモアがあると「きいてみようかな」と思える

この絵本から私は上記のようなことを考えたわけですが、
こうして文字にすると、
なんとも堅苦しい絵本のように見えるかもしれません。

でも、可愛らしい絵でユーモアたっぷりに描かれた本です。
おそらく作者は、純粋に可愛くて面白い絵本を描いたのだと思います。
私が勝手に上記のようなメッセージを感じたに過ぎません。

ここで、ふと気がつきます。

説教じみていない方が、
すんなりと心に染みてくるような気がします。
子どもの頃はもちろん、大人になっても、
誰かから説教されるのって嫌ですよね〜。私は嫌です。

逆に考えると、誰かに何かを伝えたい時、
特に少し厳しい話を伝える必要がある時、
どうすると良いか、というヒントをもらいました。

押しつけがましかったり、
一方的で攻撃的な表現をしてしまったりすると、
相手は無意識的にも拒否反応を出す可能性が高いわけです。
言っていることは正しくても、
言い方が不快だと耳を塞ぎたくなるものです。

自分で自分に対して鞭を打ってしまうタイプの方も、
自分に説教をして、自分で拒否しているかもしれません。

頭がカタイかも・・・
ユーモアなんて無縁・・・
大人が絵本なんてアホらしー!という方こそ、
ぜひ 絵本くらいの“ゆるさ” “やわらかさ” に触れてみてくださいね。


====

『臨床心理士と可愛い絵本』いかがでしたか?
第二回目 お付き合いいただき ありがとうございます。

同じ絵本であっても、感じ方は多様です。
同じ人が同じ絵本を読んでも、
その時の体調や気分によって
感じ方や気になるところが変わることもあります。

あなたが【へんしんトンネル】を読んだ時
どう感じ、どんなことを考え、
どんなメッセージを受けとったか、
きかせていただけましたら嬉しく思います♪

大阪駅・梅田駅徒歩10分、地下鉄中津駅すぐ
大阪中津臨床心理カウンセリング
http://osaka-shinri.site/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大阪中津臨床心理カウンセリング
大阪駅・梅田駅徒歩10分、地下鉄中津駅すぐの場所に大阪中津臨床心理カウンセリングを開設しました。カウンセリング・心理検査を実施しています。 カウンセリングについていろいろつぶやいてます。 http://osaka-shinri.site/