ひとと話す

ひとと話す

大阪中津臨床心理カウンセリング

暑すぎる…と思っていた夏が過ぎ、
最近は日に日に寒くなってきましたね。

私はこの時期になると毎年、あることを思い出します。

それは、心理士になるべく奮闘していた大学院生の頃の、
もう日が暮れて寒さも増して、一日の疲れもどーっと来ている
遅い時間から始まる授業のひとコマ。

“ エンカウンターグループ ” という授業でした。

***

“エンカウンターグループ”とは・・・
ロジャーズという臨床心理学者が始めた 集団心理療法 の一つです。
ロジャーズ先生は、カウンセラーのおそらく100%が知っている偉大な方です。

かみくだいて説明すると、
10名ほどで円になって座り 何らかのテーマについておしゃべりする
というものです。(※学術的な説明ではありません)

議論・討論 とは違い、発言に評価や優劣は伴いません。
また、必ずしも悩みごとを話すわけでもありません。
集まるメンバーに特定の条件はなく、
“ いろんな人と出会い、いろんな人と話す場 ” ともいえます。

***

その日のトークテーマは “冬” でした。

リーダーがメンバーに問いかけます。
「“冬”という言葉から、どんなことが思い浮かびますか?」

・・・寒い。寒くて、外出が憂鬱。
・・・雪が降る。電車が止まって、困る。
・・・日が暮れるのが早くて、なぜか寂しい気分になる。
・・・風邪をひきやすい季節だから、体調管理に神経質になる。

私は「冬って好きじゃないなあ」という思いが次々と出てきます。

・・・寒い。その分、友達と囲む鍋が最高。
・・・雪が積もって、授業をサボって、雪遊びして楽しかった。
・・・学校を出たらもう日が暮れていて、星が見れて嬉しかった。
・・・体調管理の意識が高まって、むしろ冬の生活リズムが一番整ってる。

メンバーは「冬っていいことあるよね〜」という思いで発言しているようです。

***

私はメンバーの発言をききながら
「たしかにそうだな〜」
「私も同じような楽しい思い出ある〜!」
と思ったり、
「そうか、私もあとで空を見上げてみよう」
「なるほどね、そう考えれば冬の存在は大きいなあ」
と気づいたり、
人に向けて話し、人の話を聞いたからこその 視野の広がりを実感しました。

評価や優劣は伴わないため、
冬を嫌ってる私はおかしい・・・とか、
無理やり冬を好きにならねば・・・とか、
そんなこと考える必要ありません。

その場のメンバーの発言と、
そこからさらに自分に湧いてきた気持ち、考え、
浮かんでくる風景、思い出されるできごと、
それらに身を任せて “冬” を360°あらゆる角度からみているような感覚です。

この時間を機に私は
「またあの憎めない冬が来た!」「嫌だと言いながらも、楽しませてもらってる」
なんて思うようになりました。


***

今回は、一つの例として“冬”をあげました。

どのようなこと・もの・できごとにも、
あらゆる見方・捉え方・感じ方があるのではないでしょうか。

その“あらゆる”を見つけようにも、
自分だけではどうしても限界があります。
ひとと話すことで「へぇ〜」「ほぉ〜」という
ほんのちょっと新しい視点がもらえるかもしれません。

その新しい視点は、
苦痛で仕方なかったことがちょっと面白く思えたり、
甘く考えていたことにはちょっと注意深くなれたり、
あなたをちょっと変えていくヒントになるかもしれません。


私たち心理士も、そんな“ちょっとした”存在でありたいです。

「同じことをグルグル考えちゃう」
「頭がカタイってよく言われる…」
「一度思い込むと、そうとしか思えん!」
という方は、ぜひ一度、
ひとと話す機会を大事にしてみるといいかもしれません♪

大阪駅・梅田駅徒歩10分、地下鉄中津駅すぐ
大阪中津臨床心理カウンセリング
http://osaka-shinri.site/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大阪中津臨床心理カウンセリング
大阪駅・梅田駅徒歩10分、地下鉄中津駅すぐの場所に大阪中津臨床心理カウンセリングを開設しました。カウンセリング・心理検査を実施しています。 カウンセリングについていろいろつぶやいてます。 http://osaka-shinri.site/