見出し画像

2022上半期facebookいいね!ランキング7位『岡田メソッド』

2022年 51冊目のブックレビューを書きました。

中尾塾でお話し頂いて、今治まで会いに行き、FC今治を応援し、ミカン畑でバーベキューをご一緒して、そんな岡田さんフリークの中尾です。

岡田メソッド読みました。



サッカーの本ですが、ビジネスの戦い方の本としても秀逸です。
岡田さんが様々な会社のアドバイザーとして活躍されている理由がよく分かります。



スペインでは16歳までサッカーの型を身につけさせるそうです。
その後は自由にさせるのです。

日本は型が無いのです。
サッカーは試合中に監督やコーチがサインや指示を出せません。
だからこそ自分で考える必要があるのです。

現在のサッカーの得点の
30-40%はセットプレーがらみ。

残りの60ー70%のうちパスをつないでは15ー20%。
残りはカウンターアタック。
これを防げば失点は劇的に減るそうです。

つまり中央からサイドから攻めた方が得点できて勝つのです。
しかし日本が世界で勝つには
上述のスペインのようなプレーモデルという型を身につけて
それから自立させる必要があるのです。

岡田さんは今治でその型である岡田メソッドを2014年から
教え始めています。

既にU13やU15では今治の選手の成果が出しています。

サッカースタイル
 組織的優位を分解しています。
  位置的優位、数的優位、タイミングの優位、共有心理による優位

  →つまり、ゲーム中にこれをどうやって作るのかという事です

サッカーの4つの局面
 場面を分解しています
  自チームがボールを保持
  ボールを相手に奪われた
  相手がボールを保持
  相手からボールを奪った
  →つまり、この4つの場面で各選手がやることが違うのです

ピッチの捉え方
 ピッチを分解しています
 横に3ゾーン×縦に5レーンの15
  →つまり、それぞれの場所でやることが違うのです
攻撃と守備の一般原則もそれぞれ5つのステップに分類しています
これらはほんの一部です

 共通原則としてサッカーの目的と仕組み(上述した内容です)


 一般原則 チームプレーの基本
  攻撃と守備の原則(考える手順)
 個人とグループの原則
  認知(見る)の原則、パスと動きの原則、ポジショニングの原則
  などなど
 
これ以降も
  ゲームの分析の仕方、トレーニングの計画の立て方
  コーチングの仕方、チームマネジメントの仕方など
 サッカーをしている人は必須の本でしょうね

 大学の遊びのクラブでサッカーやっていましたが
 こんなことを基礎で学びたかったと思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!