2019年6月、東京から北海道大樹町に戻ることを決めました。(2回目)

最近ひとり飲みにはまっています。

好きなおつまみを好きなだけ頼んで、

生ビールをちびちびと飲むって、幸せすぎやしませんか?幸せですよね。幸せしかないよー。

・・・

ところで、タイトルですが、そのまんまです。

来月から北海道大樹町に戻ります!!!

地元である大樹町にUターンするのは、2015年にもやってるからこれ2回目です。(移住ばっかしてるな。笑 確実に移住に対するハードルが下がっています。)

地元に戻ろうと思ったのは、地元に夫がいるのですが、やっぱり家族は一緒に住んだ方がよいよね、という結論に達したから。

別のnoteでも書きましたが、昨年一度体調を崩しかけたこともあって、家族にも心配をかけたし、私がつらい時期に家族によって私は支えられたわけですが、じゃあ私は家族を支えられているの?ということに疑問を持ったからでした。家族は一緒にいて、近くにいて、ちゃんと支えあっていかなきゃいけない。そんな当たり前のことにようやく気付けたのです。


一緒にいる方法を探すことを、あきらめない。

先日こんなツイートをしてみました。

普通に考えたら、地元に戻る=退職なのでしょう。でも、上司はそれ以外の方法を、一緒にいられる方法を探してくれました。

私「辞めなきゃいけないと思っています…」

上司「うーん、辞めなくてもいいんじゃない?方法ありそう!例えば北海道支社とか!笑」

私「え……!!(じーんと感動)」

その一言で、目の前に未来がぱっと拓けたように感じましたし、ずいぶんと気持ちが救われたのです。(注:来月からの形は北海道支社ではないかもしれないけれど、そのあたりまだ模索中です)

地方を開拓していくということは、通常だと「このマーケットを獲得していきたい」というようなビジネス上の目的や理由が先立つものだけれど、弊社の場合はただ「中神さんがいるから」みたいなどシンプルな理由から。

一緒にいたいから、仕事をつくろう。探そう。

私が転職活動中に大切にしていたのは「何をするかよりも、誰とするか」。入社を決めた、その時の決断は全く間違っていなかったんだなと思いました。

そうやって、とっても人間的な?理由から、地方に拠点を作ってみるのも悪くないかなと思うし、世の中色んな企業があるのだから、そんな企業が1社くらいあったって素敵じゃないかなと思うのです。


私は北海道ではプロジェクトマネージメント業務がメインになるため広報部からは離れます!そのため、広報部のメンバーを絶賛募集中!

私が北海道に言っちゃう前に前に、広報メンバー3人組でクロストークを開催しますよーーーー(大声)!!

少人数だからじっくり参加者のみなさまともお話したい!かなり濃密な回になりそうで楽しみです!


そんなわけで、来月からもがんばります。

しっかりと、まだ見ぬ何かを形にするぞ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もスキです!
15
北海道大樹町のロケット開発スタートアップ インターステラテクノロジズ(https://note.com/natsuroke)のPR/営業/採用。2009卒で自動車メーカーのマーケティング→大樹町地域おこし協力隊&起業→スマイルズ広報・プロマネ→現職。スマイルズ北海道担当も継続。
コメント (2)
初めまして。いきなりのメッセージ失礼いたします。
インビジョン株式会社のシューネマンと申します。
私は、地方創生に取り組んでいる新チームのメンバーでして、
私たちは「フレッジ(https://fledge.jp )」というサイトを通して
「働く」を通じた地方創生をしています。

そのための仲間として、「地元を愛するアンバサダー」
https://fledge.jp/article/ambassador)という存在を日本全国で探しています。
フレッジでは今後アンバサダーの方達と協力して、
「移住」、「働く」を軸としたコラムやインタビュー記事をあげていきます。

中神みか 様のnoteでの記事を拝見し、ぜひ「移住」、「地元、地方で働く」に関する記事を弊社フレッジに掲載していただきたく連絡させていただきました。
ぜひ記事連載などに関してお話しできればと思います。

通話、オンライン通話、メールなんでも対応可能です。
よろしければフレッジについての資料も送らせていただきたいと思います。
ご連絡お待ちしております!

シューネマン様、
はじめまして、中神です。この度はコメントいただきありがとうございます!
記事の掲載の件でご連絡をいただきありがとうございます。一度お話をお伺いできればと思いますので個別にやり取りさせていただけたらと思います!Facebookのメッセンジャーでやりとりできますでしょうか?https://www.facebook.com/mika.terashima
よろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。