見出し画像

文字起こし・テープ起こしをクラウドソーシングサイトで3ヶ月受注して学んだ内容

※公開後、有料エリア「意外とみんなやっていない?小技でアピール」に200字付け加えました。
・Youtube動画の文字起こし機能について(2018,12,27追記)
・PDFやスキャンした文章のWord化について(2019,7,20追記)

ーーーーーーーー

こんにちは。ライターの小澤志穂です。
2017年4月からフリーライターになり、2018年4月からインタビュー取材の文字起こしを外注することにしました。

文字起こし…めちゃくちゃ面倒くさいんですよね。

面倒で面倒で…ああ、文字起こしさえなければ取材後すぐ熱量があるままノリノリで記事が書けるのに!と何度思ったことか。面倒なことを避けるために、人にお任せできることは外注しようと思い立ち、しかし、これは受注する人の気持ちを分からないとトラブルが起きるだろうなと思いました。

そこで、私自身が文字起こしを仕事にして体感してみようと、2017年1月から3月の3ヶ月間、ランサーズとクラウドワークスで試してみました。

ーーー▼3ヶ月の稼ぎはこんな感じ▼ーーー

・受注数:合計17
・報酬:合計105,300円(手数料を抜いた振込金額84,250円)
・1本あたり平均4,900円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たかが文字起こし、されど文字起こし…文字起こしの基礎知識がなくググる日々、音声が聞き取りにくい場合の表記は?同音異義語に自信がないときはどうしたらいい?ケバ取り、素起こしってどう違うの?そもそもクラウドソーシングで仕事がとれない!提案が通りやすい文章とは?クライアントとのトラブルなどなど…3ヶ月の間にいろいろありました。(震え声

試行錯誤の末、文字起こしマニュアルが完成!Twitterで無料体験モニターを10名実施、いただいた意見をもとに加筆修正。ライター仲間にも評判が良かったので、ノートにも公開します!

全部で8000字オーバー・・・・長っ!!

このノートのコンテンツ(目次)はこちら!

1.無料エリア(ググれば出てくる内容)
・初心者ライターが文字起こしを受注するメリット
・文字起こしに向いている人そうじゃない人
・文字起こしの基本
・初心者が文字起こし作業をぐっと楽にする便利ツールの紹介
・クラウドソーシングでも文字起こしの相場
2.有料エリア(私の実体験をもとにまとめた内容)
・クラウドソーシングで文字起こしを受注するメリット・デメリット
・こんなクライアントは地雷かも!?私のチェック項目
・クラウドソーシング成約率upした私の提案文
・実績がない、可動可能時間が少ない人の打開策!
・意外とみんなやっていない?小技でアピール
・クラウドソーシングでおきたトラブルとその解決方法
・受注5件未満でLansersの認定ランサーになりました



※※注意※※

このノートを購読しても、必ず稼げるようになると保証するものではありません。私自身、クラウドソーシングサイトで1日10件以上の提案をして、1本通ればいい方…という感じでやってきました。なかには、継続でお仕事を依頼してくださる方も出てきてました。クラウドソーシングサイトで7桁以上稼いでいる人が「継続案件が大事」と言ってたことを理解したんですよね。(私は会社員時代にクラウドソーシングサイトに登録して稼げず、こんなのやってらんねー!と業務委託契約に切り替えたタイプ)

内容は初心者向け。

プロの文字起こし職人になる方には物足りない可能性があります!

初心者ライターが、先輩ライターの文字起こしをするために基本を学びたいという場合は、無料エリアのみで十分(ググれば出てくる内容)。副業としてクラウドソーシングサイトで文字起こしを受注したい!という方は有料エリアを購読いただくと1つの参考になるようまとめてあります。

私はこの内容+α(依頼条件)で外注マニュアルを作成し、文字起こしをお願いしている方に「他で文字起こしを受注するなら、こんなことすると印象良くなるよ!」と伝えていたら、その通りに納品してくれるので…私がめちゃくちゃ助かっています(嬉し泣き)


では、さっそく、本編です。

画像1

そもそも、私は自分の取材した音声ファイルの文字起こしが嫌な人間ですからね…人の文字起こしするなんて、理由がなければやってられないんですよ。

文字起こしを受注するメリット。私はクラウドソーシングサイトで、著名人の講演やセミナーの動画文字起こしなど、高額なお金を払わないと知りえなかった内容を学ぶことができました。ただし、応募するときは、詳しい音声ファイルの内容が分からないので棚ぼた的ではありました。(単価が高いものは、予算がある会社の案件。そこを狙うと棚ぼた多い)

また、フリーライターの私は先輩に同行して取材するという経験がほとんどありません。基本的に仕事は1人です。そのため、他のライターさんの取材の仕方はほぼ知らないんですよね。

クラウドソーシングサイトで文字起こしを大量に受注することで、取材上手な人とそうでない人の特徴を比較できたのもよかったです。比較ができると理解しやすい!取材下手な人の音声を文字起こしするとイライラするんですよ!本当に!!そういう人に限って、ビジネスインタビューに1時間以上かかってるし!相手の時間搾取してる!

全て反面教師ですけどね!

画像2

どんな物事にも向き不向きがあります!

集中力が低く、注意欠陥な人は文字起こしに向いていません。私な!!

よくクライアントさんに「ミスタイポが散見されます」と差し戻しされていました。(その節は、本当に申し訳ありませんでした)校正ツールで誤字脱字チェックもありますが、精度100%には限界があります。

なので、昔から間違い探しやウォーリーを探せ、細かいパズルが大好き!何時間でもやってられる!!と集中力に自信のある人は文字起こしに向いているんじゃないかなと思います。もちろん、実際に文字起こしをやってみないと分かりません。


文字起こしの基本

画像3

画像4

自分の取材した音声ファイルを文字起こしするのと、お金もらって文字起こしするのは全く話が違いますね。

画像5

文字起こしは大きく分けて3つに分類されます。この3つできっぱりと分けられているかというとそうではありませんでした。例えば、条件にはケバ取りと書いてあるものでも、後から「語尾はである調に整えて」と注文されることもあります。

表記方法はクライアントによってさまざま。

画像6

もっと詳しく文字起こしについて学びたい!という人は文字起こし技能テストがあります。クラウドソーシングサイトの案件の中には「文字起こし技能テスト合格者は優先的に契約する」と表記されているものもありました。(私は文字起こし専業になるつもりはないのでテストは受けません)


初心者が文字起こし作業をぐっと楽にする便利ツール

・再生音声の速度を調整できるもの
 Windows:はやえもん 、okoshiyasu  
 Mac対応:quick time player

・定型文の登録、ショートカットキーの設定がある 
 長靴編集所 

・自動書き起こしツール
 Mac:SoundFlower 
 Windows:VB-Audio Virtual Cable

・再生と入力が1つのアプリで行える
 writer.app 
 
▼詳しくはこちらのnoteをご参照

画像7

画像8

私は自動再生ソフトを使わずに、Googleドキュメントの音声入力に復唱をして文字起こしをしています。(復唱した方が、内容が頭の中に入るんじゃないかという願望)Googleドキュメントの音声入力の存在を知るまでは、小指が過労死するんじゃないかと思いました。

画像9

これは私がクラウドソーシングサイトで文字起こしをやっていた2018年1月から3月の個人的な肌感覚です。

単価は平均1分100円が多い印象、もちろん、それよりも安い案件も。広告代理店や文字起こし専門の企業との業務委託契約で音声1時間1万円以上と聞いたこともあります。相場はあってないようなものですかね。

音声ファイルの時間は案件によりけりですが、個人的にビジネスインタビュー60分以上はちょっと避けたいな…と思います。なぜなら、ビジネスインタビューの場合は、取材相手が忙しい方(経営者・仕事できる人)が多く長時間の取材は迷惑になります。また、ライターは記事作成の効率アップ目的から取材時間が長くなるのを避けるはず。(農業や製造業の取材で作業を見学してからとか、イベントなら1時間以上はある)

私の少ない文字起こし経験から、インタビューが90分、100分以上になる人は、ちょっとなんというか、うん…会話の切り返しが下手だったり、どうでもいい自分語りをしてしまいがちなインタビュアーさんでした。

もちろん、商談目的の雑談を含めて長くなっている人もいると思います。

私は音声ファイル30分に対して、文字起こしの作業時間120分はかかるので、長ければ長いほどしんどかった…だから、私が外注する音声ファイルは、30分以内に抑えたいところですね。

文字起こし初心者の人は、自分の集中力や作業時間が見通し立ちにくいです。最初は、短めで30分以下の案件から作業するのをおすすめします。


ここまで無料エリア、検索すれば出てくる内容でした!こんな感じのボリュームで有料エリアに入ります。

有料エリア(私の実体験をもとにまとめた内容)の目次
・クラウドソーシングで文字起こしを受注するメリット・デメリット
・こんなクライアントは地雷かも!?私のチェック項目
・クラウドソーシング成約率upした私の提案文
・実績がない、可動可能時間が少ない人の打開策!
・意外とみんなやっていない?小技でアピール
・クラウドソーシングでおきたトラブルとその解決方法
・受注5件未満でLancersの認定ランサーになりました
・Youtube動画の文字起こし機能について(2018,12,27追記)
・PDFやスキャンした文章のWord化について(2019,7,20追記)


この続きをみるには

この続き: 5,980文字 / 画像12枚

文字起こし・テープ起こしをクラウドソーシングサイトで3ヶ月受注して学んだ内容

shiho

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが文章を書く励みになります。

胸キュン♡ありがとうございます(*´ω`*)
20
愛知県在住、フリーランスのライター

この記事が入っているマガジン

ウェブライターのあれこれ
ウェブライターのあれこれ
  • 4本

ウェブの仕事で得た情報まとめ。 クラウドソーシングに登録した会社員時代の自分が知っていたら良かったなという情報を中心に。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。