見出し画像

永代和盛の囲碁人生 Vol.31(院生のシステム)

私が入った当時を紹介します。

1995年頃の院生研修

・第二土曜日+毎週日曜日で月5回。

・研修時間は9時半〜16時半ごろ。
(クラスによって対局数や持ち時間が違うため、終わり時間は異なる)

・この頃の院生数は約60人。

・毎回、院生師範(棋士)が2名常駐。
この頃は新垣武先生、鄭銘瑝先生、北村洋司先生。

【A〜Cクラス】

・各クラス12人

・総当たりで毎月11局。

・初回のみ1日3局(持ち時間は40分と秒読みが60秒)

・あとの4回は1日2局(持ち時間は1時間と60秒)

【Dクラス】

・最下位クラスは残り人数全て

・総当たりで毎月20局。

・毎週4局

・持ち時間は30分と秒読みが60秒

【全体的なシステム】

・同星の場合は先月の順位が高いほうが優先

・4人が昇級、4人が残留、4人が降級

・院生の人数によってクラス数に変動あり

【スケジュール】

・9時半に午前の対局開始

・上のクラスは1局で昼食休憩

・最下位クラスは2局で昼食休憩

・昼食休憩は12時半〜13時半

・13時半から午後の対局開始

・終了時間は対局終了まで。

アーカイブ

永代和盛の囲碁人生・一覧 ←クリック

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永代囲碁塾

今後は動画配信に力を入れていきます。 永代囲碁塾は囲碁に関することなら何でも活動しています。 囲碁アイドルも永代囲碁塾でプロデュースしています。

3
永代和盛(ながよかずもり)長崎県島原市出身、東京都在住、囲碁インストラクター、永代塾囲碁サロン経営、囲碁アイドルプロデューサー、元日本棋院院生Aクラストップ、小田彩子インストラクターと夫婦で囲碁指導しています。囲碁のことなら何でもご相談ください。