見出し画像

永代和盛の囲碁人生 Vol.31(中学二年②・林間学校など)

真面目か不真面目か

永代少年は学校に真面目に通い(行くの当たり前ですけど)、部活も平日は皆勤賞。

宿題もこなし、テスト勉強もそれなりにしている中学生でした。

しかし、こんな中学生だと院生内では「不真面目」と呼ばれてしまいます。

それは囲碁の勉強時間が取れなくなるからです。

そして、院生の先輩からは「遊び虫」というあだ名までいただいてしまいました。(これは多分、学校に真面目に通っているからだけではない)

院生でこんなあだ名をつけられるのは不名誉なことですが、実はこのあだ名を私は気に入っていました。

何だか周りのみんなと一緒ではない感があっていいですよね。

昔から敷かれたレールの上を走るのは嫌だったようです。(何も考えずに本能のままに生きてたので意識はなかったですけど)

とはいえ、不名誉なほうに突き進むのは何だか違うような…(笑)

最近、名付け親の先輩にこのことを話すと…。

呆れられてました…(笑)

さらに

不真面目な永代少年はお泊まりイベントである林間学校では「実行委員長」まで務めてしまいました。

体育館で全校生徒の前で報告文を読むというおまけつき。

なんと不真面目なのでしょう。

さらには…

「学級委員長」を務めて…

さらには…

「学年委員長」まで務めてしまいました!

不真面目の極みですね!!!(笑)

アーカイブ

永代和盛の囲碁人生・一覧 ←クリック

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今後は動画配信に力を入れていきます。 永代囲碁塾は囲碁に関することなら何でも活動しています。 囲碁アイドルも永代囲碁塾でプロデュースしています。

1
動画配信やメルマガに力を入れていきます。囲碁棋士やインストラクター、囲碁をする芸能人。全てをフル活用して、皆様が楽しめるコンテンツをお届けいたします。大盤解説、トークショー、イベントの様子など内容は盛りだくさんです。