見出し画像

2020年全国公開(予定)映画のオフィシャルスポンサーになりました!

鹿児島でまちづくり芸人をやっております、永山です。

先日、ちょっと大きな賞をいただいたこともあり、映画監督 山下大裕氏が来年全国公開する映画のオフィシャルスポンサーをさせていただくことにしました。

こちらのプロジェクトにて、50万円を提供いたしました。

例の賞金100万円のうち、半分はこちらに突っ込むことに。

<残り50万円の使い道も、別途こちらでご報告いたします>

7月31日までの期間中に目標である500万円に到達しなければ、決済されないということで、全国に5人くらいしかいないかもしれないこちらの永山noteのファンのみなさん、ぜひともご支援をお願いします。


ヤマダイ監督のクラファン、個人的には、50万円枠が最もおすすめ

今回のこちらの返礼品をざっとみまわしたとき、もっともお得なのは、30万円の、「ヤマダイ監督が、あなたの会社や店舗のプロモーションムービーを製作」というやつだと思います。

現役の映画監督が、最高品質のPVを30万円で作ってくれるとなれば、これはかなりお安いのではないかと思うのです。

しかし、これは純粋にサービスの利用という観点でのお話。

今回僕がサポートさせていただいた50万円枠は、チラシ・ポスターに社名を掲載できるとともに、1)映画出演か、2)ヤマダイ監督によるプロモーションムービー製作を選べるプランとなっております!!

せっかく映画製作、しかも全国公開の映画となれば、これはもう50万円枠でガツンとオフィシャルスポンサーになってしまって、全国進出を果たしてしまおうではありませんか!!

ここまでの永山砲のおさらいと、ヤマダイについての発見

僕は、彼がなんとしても全国公開映画を製作できるように、今まであれこれやってきました。

バースデードネーションのお願いをしてみたり自分が出演しているラジオ番組で特集を組んでみたり彼の全国取材旅行の出発イベントや報告会をコーディネートしてみたり

で、いろいろ彼のこの4か月くらいを見ていて、彼の人間っぽいところを結構見ることができました。

何を言われても、何を書かれても、まったく気にせずに突っ走るモチベーションモンスター(笑)かと思いきや、周囲からの声のひとつひとつに傷つき、思い悩み、時に足をとめることも。

彼は、想像以上に、生身の人間でした。

最初はクラウドファンディングサイト上で全国47都道府県取材旅の様子を毎日動画にUPするといっていましたが、さすがにそれは厳しかった模様です

個人的には、この(彼にとっては小さいことかもしれませんが)挫折体験は、とてもとても大きいのではないかと思います。

勝ち続ける人間は、勝ちの中でも小さな改善点を見つけ、勝ちながら軌道修正してきます。ヤマダイ監督の今回のクラウドファンディングの中で、彼には小さな改善点がたくさん見つかったはず。

だからこそ、それら改善点を一つ一つ乗り越えて、より強力なヤマダイとなって飛躍する次のステージにいってほしい。

今回のクラウドファンディングをどうにか成功させて、映画製作に弾みをつけてほしい。心からそう願っています。


40,000円枠でGetできる「永山ファシリ講座開催権」もおすすめですw

なお、こちらのクラウドファンディング、40,000円の返礼品に、「永山のファシリテーション講座 開催権」も入っています。

こちらを支援くださった方には、~2020年8月末までの任意の時期に、私がファシリテーション講座をお届けに上がります。

すでにお一人、ご支援いただいております(ありがとうございます!!)

あと4名様分の枠がありますので、ぜひぜひ!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!がんばります!!
9
鹿児島県日置市在住。37歳。東市来中学校→鶴丸高校→九州大学法学部→日本政策投資銀行→鹿児島に戻って起業。2011年に一般社団法人鹿児島天文館総合研究所Ten-Labを創業。県内各地のまちづくりに関わる仕事を12年。株式会社ecommit 取締役。