見出し画像

なべはるがどう「働く」を豊かにしたいのか

わたしが勤めているフィードフォースは『「働く」を豊かにする。』というミッションを掲げています。
わたしはこのミッションにすごく共感していているのですが、ふと、そのことを言葉にしたことがないことに気づきました。

そこでこの記事では、『「働く」を豊かにする。」をなべはる個人がどう解釈し、世の中にどう貢献したいと考えているか、をまとめてみました。「自社のミッションに共感している」というのはよく聞くけれど、具体的にどの部分に共感していて、どう解釈しているか?という記事はあまり見たことがないので書いてみます。

【筆者紹介】
"「働く」を豊かにする。"をミッションに掲げるフィードフォース人事部の中の人。
2014年にフィードフォース1人目の人事として入社。人事全般を担当。好きなどうぶつの森キャラはたいへいた。

働くと誰かが喜んでくれる!

「働く」を豊かにする。というミッション、わたしはとても強く共感しています。
わたしの知人・友人の中には働くことはつまらない・苦しいというイメージを持っている人も何人かいますが、「そんなことない、働くってけっこう楽しい!」とフィードフォースのミッションに出会う前から思っていました。

わたしにとっての働くとは何か?をシンプルに表すと、「誰かが喜んでもらえる何かをすること」だと考えています。
自分の時間と知恵と技術を使って、誰かが喜んでもらえる何かをする。喜んでもらえた対価としてお金がもらえる。次はどうしたらもっと喜んでもらえるだろう?と工夫する。工夫した結果、相手がたくさん喜んでくれてたくさんお金がもらえる。この繰り返しが働くということだと思うのです…めっちゃ楽しくないですか?

もちろん、仕事をしているとつらいこともたくさんありますが、「自分が頑張ることで誰かが喜んでくれて、しかもお金がもらえる」行為が仕事なので、本来的には仕事は楽しいはず!というのがわたしの心の奥底にあります。

社員を支援することで間接的に顧客の「働く」を豊かにする

『「働く」を豊かにする。』というミッションは、フィードフォースのサービスを利用する顧客の業務を効率化して、顧客が本来やるべき得意な仕事・クリエイティブな仕事に集中できるようにすることを指しています。

しかし、わたしは人事部なので顧客に提供するサービスには直接的に関わりません。
そんな人事という立場で、「働く」を豊かにするというミッション実現に貢献するには下記の2つのポイントがあると思っています。

【人事のわたしが「働く」を豊かにするミッションに貢献するポイント】
1. サービスを提供する社員を支援する
2. 豊かに働く企業のモデルケースになる

1つめの「サービスを提供する社員を支援する」はそのままの意味です。「働く」を豊かにするサービスを提供しているフィードフォースの社員を採用・育成・制度・労務などの側面からサポートすることが、より良いサービス作り・サービス提供につながると信じています。

毎月ちゃんとお給料が支払われる・成長のための仕組みがある・働きやすい制度がある・必要な備品がそろっている等々、社員が安定的にパフォーマンスを出すためにはどれも不可欠です。

人事は顧客に直接価値を提供するわけではありませんが、上記のとおり社員を支援することで間接的に顧客の「働く」を豊かにしていることに誇りを持っています。

また少し余談ですが、「社員を支援する」こと全般が人事の役割だと思っているので人事の仕事に制限を設けるつもりはありません。どんな種類の仕事であっても「それは人事の仕事ではない」と線を引くのではなく、「社員を支援するためのあらゆること」が人事の仕事だと思って取り組んでいます。

わたしたちも豊かに働いて成功企業のモデルケースになる

2つめの「豊かに働く企業のモデルケースになる」はわたし個人の想い・願望が込められています。

「働く」を豊かにするミッションを掲げる以上、フィードフォースの社員も豊かに働いてほしい。豊かに働いて、良いサービスを提供してたくさんの顧客に多くの価値を届けたい。その結果として売上利益をもっとあげたい。
そうして会社として成功することで、世の中の企業が「業績を良くするためにはフィードフォースのように豊かに働く必要があるんだ」と気づいてほしいという願望があります。

社員が豊かに働き、顧客に多くの価値を提供して、売上利益もしっかり出す。「働く」を豊かにする。というミッションを掲げているフィードフォースがそうして成功することで、成功要因の1つである「社員が豊かに働く」ことをマネする企業もきっと出てくると思います。
そうしてモデルケースになることができれば、わたしがフィードフォースでがんばることで多くの企業の社員が豊かに働くことができるようになると思っています。

この願望をかなえるための道のりはまだまだ道半ばです。いや、半ばまでもまだまだ遠く、足元の課題だけでも山積み状態です。
ですが、わたしの日々の仕事の1つ1つがこの願望の実現に少しずつでも近づいていると信じて毎日仕事をしています。

以上、わたしがどう「働く」を豊かにしたいかを書いてみました。皆さんは、自分の会社のミッションをどう実現したいと考えていますか?もしよければ、その思いを note に書いてみるのはいかがでしょう。ぜひ読んでみたいです~。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけるとわたしの次のお昼ご飯に温泉玉子をトッピングすることができます!

Thanks!
116
フィードフォース人事部の中のひとです。 漫画とゲームと人事制度と大学のキャンパスが好きです。お気に入りのキャンパスは北海道大学。 note では人事・組織・漫画のことを中心に書きます。

こちらでもピックアップされています

なべはるが書いた note
なべはるが書いた note
  • 51本

なべはるが書いた note をまとめたマガジンです。 会社公式 note アカウントで書いたものを含みます。

コメント (2)
“ 「自分が頑張ることで誰かが喜んでくれて、しかもお金がもらえる」行為が仕事なので、本来的には仕事は楽しいはず!”
→とても共感しました!
はたらくこと、って楽しいことと思います。
共感いただきありがとうございます!そう、働くって楽しいし、楽しめるものなんですよね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。