見出し画像

占いのこと|Letter from Forest 05

親愛なるきみへ

 今日はきみに試してほしいテストがあるんだ。
 では、問題。
 きみは、深い森を歩いています。
 やがてある屋敷に辿り着きました。
 そこできみは鳥に出会います。
 さて、鳥はどんな姿をしているでしょうか?

 これはきみの運勢を知るための占いだよ。
 答えは手紙の最後で。お楽しみに。

 急に「なんだろう?」って思ったよね。
 これは、この前出会った人の影響なんだ。
 彼女の名前はマルグリット。
 占いの内容を忘れたいって言っていた。

 *

 マルグリットは、朝ごはんのバゲットを買った帰り道だったんだって。うつむいて歩いていたら、いつの間にか森に迷いこんじゃったんだ。
「このパンをちぎって落として歩けば、目印になるかしら」
 そんなことを言っていたから、ぼく、つい気になって口出しをした。
「やめたほうがいいよ。鳥やリスや、ねずみなんかのごはんになるだけで、目印には向かないから」
 木の上から声をかけたから、マルグリットはびっくりして、バゲットをぎゅっと抱きしめた。
 ぼくは慌てて木から降りる。地面に置きっぱなしだった空っぽの鳥篭を、危うく踏みつけてしまうところだった。
「驚かせてごめんね。ぼくはルクレイ。きみは、道に迷ってしまったの?」
「あ……なんだ。よかった、街から遠くないのね。私はマルグリット。……どっちに行けば戻れるか分かります?」
「きみがどこから来たか、ぼくは知らないから」
「そうよね、ごめんなさい。あー、どうしてこんなことに……やっぱり占いなんて嘘だわ」
「占い?」
「ええ。今朝、新聞に載っていたの。八月生まれの貴方は、今日は最も運がいい。何をしても上手くいく最良の一日だ、ってね。でも、ご覧のありさま。私は道に迷って、帰り道も見失っちゃった」
「まだわからないよ。これからいいことが起きるかも」
「あなた、前向きねー」
「だって、今日は最良の日だって分かったら、嬉しくならない?」
「なるわよー。そりゃそうでしょ! でも、そのあと怖くなるの。最良の日を過ごせなかったら、どうしよう……占いの結果を覆してしまうほど、私はツイてないのかも……。星に見放された不運な人生。それって余計に心細いじゃない」
「じゃあ、今日は最悪の日だって言われたほうがいい?」
「うーん、それもイヤ。場合によってはね、『今日は最悪の日だから、このくらいで済んでよかった』って思える日もあるんだけど……まず朝一番に、これから始まる一日について『最悪』って決めつけられたら、それこそ最悪よね」
「でも、きみはきっと占いを見てしまうんだ」
「そうなのよ、見てしまうのよ。なんでかな。……やっぱり、最悪な事態には備えておきたいし、最良の日だと知ってわくわくしたい。でも、いざ知ってしまって、そのときの自分とうまくかみ合わなかったときは、忘れたくなるの。占いを見る前の自分に戻りたい、って思っちゃう」
「忘れられる? 占いのこと……」
「上手くいかないわ、大抵の場合はね」
 木の根っこに腰かけて、バゲットをちぎって食べ始めた。ぼくにも勧めてくれたけど、朝ごはんは食べてきたから遠慮した。
「ルクレイは、占い、気にする人?」
「ぼくは、あんまり占いしない人、かな。でも――毎朝、窓を開けたときに、今日はいい日になるかな、そうでもないかな、って考える」
「へー、どんな日がいい日になるの?」
「晴れた日。綺麗な青空の日。雲がのんびり浮かんでる日」
「──なぁんだ、普通じゃない。晴れてる日に落ち込むのは難しいもの」
「そうだよ。それでね、鳥と一緒に空を見る。こんなに天気がいい日だから、きみは行くの? それとも、勿体ないけどやめておく? って」
「鳥……?」
 ぼくは屋敷での暮らしのことをマルグリットに話す。鳥を待ち、鳥を見送る生活のこと。
「鳥はね、今日飛び立ちたいって伝えてくる。だからぼくは鳥篭を窓辺に運んで、もう一度聞いてみる。本当に今日飛び立つの? 晴れの日も、曇りの日もある。雨の日は、大抵、鳥もためらう。また別の日にするって仕草で合図する。でも──天気が悪い日に、それでも飛び立つ鳥がいる。鳥はきっと占ったんだと思う。それで、今日が最良の日だって信じた。だからきっと、鳥は行きたいところまで、どこまでも飛んでいけるはずなんだ。その姿にぼくも元気をもらうよ」
「ふぅん……鳥って勇気があるのね。翼があるからかしら? ……そっか、空を飛ぶんだもの、地面をただ歩く以上に勇気が要るに決まってるか」
 マルグリットはバゲットを食べるのをやめて立ち上がった。スカートについた土を払う。
「私、行く。幸い今日はいい天気。悪天候の日よりも、勇気を出すのに向いてる日だわ!」
「帰り道、分かる?」
「こいつに聞いてみることにするわ。方角占いね」
 足元に落ちていた木の枝を拾って、まっすぐ立てる。
 それから思いきりよく手を離した。ころん、と転がる木の枝の先に、マルグリットはつま先を向ける。
「向こうが、私の帰り道。多分、きっとね。信じて歩くことにする」
「道に迷ったら、大きな声で名前を呼んでよ。ぼく、きみを探すから」
「ありがとう。それでずいぶん励まされるわ。それじゃあね」
「うん、気をつけてね。……あ! マルグリット、きみの今日の運勢は?」
「え? ええ、そうね──なんだったかしら。私、今朝新聞を見たはずだけれど……忘れちゃったわ」
 どこかで鳥が鳴いている。
 それを合図にしたように、マルグリットは一歩を踏み出した。
 結局、マルグリットの助けを呼ぶ声は聞こえないまま。彼女は無事に街に帰れたんだと思う。
 良い一日を過ごせていたらいいな。

 *

 ──さて、占いの結果が気になるよね。
 どんな鳥を想像した? 小さな鳥? 大きな鳥?
 翼の色は、白? 黒? 青? それとも黄色?
 思い浮かべた姿を覚えていて。
 それは、きみに幸運を運ぶ鳥だから。
 その鳥に会えたら、きっと今日は最良の日。
 今日会えなかったとしても、いつか会えるはずだよ。

 きみの一日が、いつも良い日でありますように。
 それじゃあ、また手紙を書くね。

▼Twitter

https://twitter.com/myomino/status/1300402958694146050

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
文芸サークル「Little Curly」 詠野万知子 イラスト:ムニャ(Innocent Forest) デザイン:古磯修平(Letter from Forest)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。