見出し画像

『それをお金で買いますか』図解

きょんです。

ハーバード白熱教室で有名なマイケル・サンデルさんの『それをお金で買いますか 市場主義の限界』を図解しました。

どんどん社会の中に市場取引ができる領域が広がる中、市場の役割はどこまで認めるべきか?ということを問う本です。

2012年に出版された本ですが、この本で問われている内容は、今もなお色あせない、むしろ今こそ深刻に考えなきゃいけない問題なんじゃないかなと思います。

以下、図解です。

ーー

20210213_それをお金で買いますか

20210213_それをお金で買いますか (1)

20210213_それをお金で買いますか (27)

20210213_それをお金で買いますか (3)

20210213_それをお金で買いますか (4)

20210213_それをお金で買いますか (5)

20210213_それをお金で買いますか (6)

20210213_それをお金で買いますか (7)

20210213_それをお金で買いますか (8)

20210213_それをお金で買いますか (9)

20210213_それをお金で買いますか (10)

20210213_それをお金で買いますか (11)

20210213_それをお金で買いますか (12)

20210213_それをお金で買いますか (13)

20210213_それをお金で買いますか (14)

20210213_それをお金で買いますか (18)

20210213_それをお金で買いますか (16)

20210213_それをお金で買いますか (20)

20210213_それをお金で買いますか (21)

20210213_それをお金で買いますか (22)

20210213_それをお金で買いますか (23)

20210213_それをお金で買いますか (24)

ーー

図解は以上です。

実は、この図解を用いて八千代松陰学園さんの土曜日オンライン講座で中高生の皆さんと読書会を開催しました。

生徒の皆さんとの対話は非常に刺激的でした。本は一人で読むのも好きですが、人と意見を交わしてこその楽しみもあるなあと思います。特にこの本は対話することに意味がある本だと思います。また色々な場所で、この本を用いて読書会していきたいです。

以上です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
きょん

サポートいただけると励みになります!いただいたサポートは新しい本を読むために使わせていただきます。ありがとうございます!

ありがとうございます!活動継続のため、サポートいただければ嬉しいです!
102
図解総研所属。複雑な本やテーマを図解してシンプルに分かりやすくして発信したり、その図解を用いて様々な立場の人が対話する場を作ったりしてます。Twitterでも活動中(https://twitter.com/kyon_hcj )。