見出し画像

Sugar Pears ソフトでメロウなシティポップバンドの繊細な心の機微や、街の季節の移ろいを、耳に胸に感じさせるニューシングル「時間旅行」収録の3曲をご紹介!

Music Asset Directors Inc.
ニューシングル「時間旅行」

【アーティスト紹介】
「Sugar Pears」(シュガー・ペアーズ)は、ソフトでメロウなポップスを志向する、都内で活動する5人組バンド。
(グループは、noha (Vo.)、そそたろー (Gt.)、Satoko (Pf.)、SO_MEN (Ba.)、ムラセ (Dr.)の20代男女5人で構成。)

穏やかで、のどかで、スムーズな聴き心地のそのメロウなサウンドは、ソウル、ジャズ、ポップスなどの音楽のエッセンスを散りばめながら、都会の喧騒や日々の煩わしさから、聴くものを、しばしの間、解放し、ときおり、シティポップの時代へと時間旅行させる。女性リードボーカルのnohaのスウィートでストレートなスモーキー・ボイスの魅力を、ジャズの素養に裏打ちされたメンバーが、そのアンサンブルにより、存分に引き出し、さらにリラックス感を高める。

グループ名「Sugar Pears」にある「Sugar」は、誰にも好まれて、軽くて聴きやすく、押し付けがましくなく、どんな場面にもマッチして、それでいて、絶妙な隠し味にもなる、そんなサウンドに照準を合わせているグループの音楽をシンボリックに印象づける意味合いを持つ。

2021年8月13日リリースのミニアルバム「はじまりの窓」のリード曲「車窓」がFM局でパワープレイを獲得したり、2022年3月4日リリースのシングル「夜凪」や2022年5月13日リリースのシングル「カフェテリアにて」は主要配信サイトのいくつかの公式プレイリストに取り上げられ、FM局のパワープレイに採用されるなど、さまざまなリスナーに好印象を持たれ始めている。

純喫茶のような、落ち着けて、ぬくもりを感じさせる場所で振る舞われるコーヒーフロートにも似て、心の休息をもたらし、さまざまな人々がさまざまに抱く、ささくれ立った極端な心持ちを、和ませて、ちょうど良いところに引き戻す「Sugar Pears」のサウンド。
そんな「Sugar Pears」のサウンドに、こんな今こそ、酔いしれるとき。

 「Sugar Pears」

【作品紹介】
バンドのアンサンブルとリズムセクションが、内へ外へとエネルギーを発散するパーカッシブなピアノのリフに輻輳し対抗して、ソフィスティに洒脱さとジャズのフレイバーを醸し出すアップテンポなポップ、タイトル曲でありリード曲でもあるM-1「時間旅行」。うっかりすると置いてけぼりにされてしまうようなめくるめく緊張感と同時に、移ろいながら変わっていく「この街」でしか味わえない、颯爽と生き生きと駆け抜ける心地良いスピード感を抱かせる、昨日と今日と明日に橋を架ける1曲。

ゆったり流れる至福の時間のなかで、降り注ぐ日差しさえ感じてしまう今のうれしい気持ちをいくつも、そのまま、心にとどめておきたい、そんな気分にさせられる、のどかなポップM-2「今日のあなたを」。 忘れえぬ記憶が、過ぎていった日々の残影に映し出されるように、やるせなく想い出される一瞬は、夏の終わりであれば、なおさら切なく感じられる。感傷的でスローでシティポップなM-3「夜のセプテンバー」の全3曲。

「ピロカルピン」の岡田慎二郎氏の制作サポートを受けて、「Sugar Pears」が奏でるソフトでメロウな「シティポップの今」が際立つ。

ほの甘い「Sugar Pears」のサウンドが、繊細な心の機微や、街の季節の移ろいを、耳に胸に感じさせる!

Ⓟ & Ⓒ 2022 Music Asset Directors Inc.

【試聴はこちら】

【紙資料のダウンロードはこちら】

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!