見出し画像

yosugala 大注目のアイドルグループ「yosugala」(ヨスガラ)の、2023年の好スタートを象徴するシングル2曲、「スペードのエース」(2023年1月20日リリース)と「四葉のクローバー」(2023年1月24日リリース)をご紹介!

Music Asset Directors Inc.
「yosugala」
メンバー(左から) 黒坂未来・汐見まとい・君島凪・未白ちあ

【アーティスト紹介】
「yosugala」(ヨスガラ)は「PassCode」らを運営する「we-B studios」と「uijin」などを手がける「sakebi」との共同プロジェクト「WEXS」が運営するアイドルグループ。「君島凪」「黒坂未来」「汐見まとい」「未白ちあ」の4人組。

2022年6月22日に、「we-B studios」所属の「Kolokol」と、「uijin」の「ありぃ」がプロデュースする「PRSMIN」とをゲストに迎え、デビューライブ「ヨモスエダカラ」(恵比寿・LIQUIDROOM)にてデビュー。

デビューシングル「prologue」を2022年7月29日に、「僕のわがまま」を7月30日に、それぞれ、配信開始。その後、シングル「indigo」「オヒメサマ?」「会心の一撃」「canvas」「エスカレート」「オトギバナシ」を立て続けにリリース。昨年末、2022年12月30日にリリースしたシングル「夜明けの唄」の盛り上がりがいまだ冷めぬなか、2023年1月20日には「スペードのエース」、2023年1月24日には「四葉のクローバー」と、2023年の好スタートを象徴するニューシングル2作品をリリース。

2023年4月16日には、初の大阪ワンマンライブ「progress the night osaka」の開催も決定。いま、この4人組アイドルグループに大注目必至!

【作品紹介】
・ニューシングル「スペードのエース」
(2023年1月20日配信開始)

ニューシングル「スペードのエース」

歯切れの良いボーカルとシュレッディングなギターのリフとで、イントロからいきなり心を熱く高めさせられ、さらに畳み掛けるような展開により、ちっぽけな悩みなどスッと吹っ切れさせてくれる高揚感がみなぎるロックなナンバー。作詞は、TKT from AliAと法橋昂広、作曲と編曲は平地孝次。

・ニューシングル「四葉のクローバー」
(2023年1月24日配信開始)

ニューシングル「四葉のクローバー」

3段ロケットにでも乗っているかのように、高みにまで気持ちを持ち上げられたと思うや、さらにその上の世界にまで解放してくれる、エモーショナルにアゲていくメロディアスで壮大なポップ。過去と現実、そして未来とをオプティミスティックに繋いでいく、幸運のしるしをかたわらに、深く共感を誘われる1曲。
ライブでのお披露目以降、既にアンセム化しつつあるこの曲の、作詞は「AliA」の「TKT」、作曲が「AliA」の「EREN」。

所属:WEXS
Ⓟ 2023 WEXS

【ニューシングル「スペードのエース」の試聴はこちら】

【ニューシングル「四葉のクローバー」の試聴はこちら】

【ライブ情報 - 大阪ワンマンライブ】
yosugalaの、大阪での初ワンマンが開催決定!!
「progress the night osaka」
日時:2023年4月16日(日) 開場 17:45 / 開演 18:15
場所:ROCKTOWN(大阪)
《抽選先行》(1月22日(日)21:00)〜2月5日(日)23:59
《一般》2月11日(土)12:00〜4月15日(土)23:59
(詳細は、https://t.co/j6m7Up7Fbhなどでご確認ください。)

Home Page (Music Asset Directors Inc.)

Twitter (Music Asset Directors Inc.)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!