エンジニア未経験の文系大学生が東京で就職しフリーランスとして地元札幌に移住するまでとこれから

2010年、私は小樽商科大学という文系の単科大学に通う大学3年でした。この大学は小さいながらも国公立大学で、卒業生は銀行や証券会社、公務員になる人が多かった印象があります。一方で、社会情報学科という情報系の学科もあり、基礎的なC言語の授業なども存在していました。最初にプログラムを書いたのもその授業でした。それまではHTMLなどは書いたことはあったものの、for文やif文を書いたことすらありませんでした。その授業でプログラムの面白さを初めて感じたのが、エンジニアを目指す大きなきっかけとなりました。そして、次の年の就職活動では主に東京のWeb系ベンチャーを受けていました。大手のコンサルやSIerももちろん選択肢にはあり、Web試験なども受けていたものの、将来的に北海道に戻ってくるためには大企業にいるよりも、小さいベンチャーでエンジニアとしてのスキルをつけたほうが良いのではないか?と感じていたのがWeb系を選んだ大きな理由です。結果的にはその選択は間違っていませんでした。今後、下に書いたような対象の人に少しでも参考になれば良いなと思い、自分のやってきたことをまとめてみようと思います。

対象

・地方(北海道など)でエンジニアを目指している学生
・東京でエンジニアとして働いているが地元や地方に移住を考えている人

戻ってきた経緯などは大体はブログに書いてあるので、こちらには別軸でより詳しく書いてみようと思います。

未経験の文系学生がエンジニアを目指す

私が就職活動していた2011年頃も、文系理系の有利不利みたいな話はありました。しかし、今も昔も「文系なんですけどエンジニアになれますか?」みたいな質問をすると嫌な顔をされることが多いです。私もあまり良い質問だとは思いません。「理系で営業ができますか?」みたいな質問ってあまり聞かないし、そんなの性格などもあるのでわからないですよね。それは文系エンジニアにも同じことが言えます。

この続きをみるには

この続き: 3,297文字

エンジニア未経験の文系大学生が東京で就職しフリーランスとして地元札幌に移住するまでとこれから

musclemikiya

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
札幌出身のフリーランスエンジニア。2012年に大学卒業後、東京のWeb系のベンチャーに就職し、WebサービスやiOS/Android向けのネイティブアプリの開発などをして、2018年にフリーランスになり札幌へ移住。エンジニアの働き方やリモートワークのことなどを中心に発信中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。