むぼうらくじの人生論

理由を深掘りする時間

自分で物事を考える物事について自分なりに考察を深めることで、見えてくる価値観の変化がある…

100

集団に惑わされない

自分の生き方を信じる周囲の振る舞いに人生を委ねることは、自らの生き方に不自由を与えること…

100

自分にしかできないこと

余計なことを忘れる日常生活のなかで、人はいつも自分以外の情報に晒されて生きている。 予期…

100

人生の主導権を握る

争いに幸せはない不特定多数の誰かと争いを展開させても、残る幸せの資産を築けない。 不毛な…

100

思考の枠組みをアップデートする

流れる知識は腐らない社会はたくさんの情報に溢れ返っており、事実の混在化が加速している。 …

100

現実の楽しみ方を知る

周囲の言動に同化しない自分が生活している社会は、時代の変化によって激動している。 その激…

100

余計なことを見ない

目の前に広がる景色現代社会は複雑な発展を進めるようになり、信じられる安心感が確立されてい…

100

自身の感覚を優先してみる

無言の圧力人は周囲の考え方に合わせる術を知っており、関係性に軋轢を生まないように配慮しが…

100

社会の時流を読む

周囲が考える常識時代がいくら進んでも、永遠に変わらない常識はあり得ない。 膨大な時間が過…

100

全会一致を求めない

いろんな考え方がある人が普段から考えていること、実際に感じる感性は、その人しか分からない…

100