むぼうらくじ : 無忘楽自

    • むぼうらくじの人生論
      むぼうらくじの人生論
      • ¥500 / 月
      • 初月無料

      現代社会における人生論を綴ります。この記事を読んで、自分自身と向き合うきっかけになって頂けたら幸いです。

知識偏重の生き方

人生に既定路線はない 自分の人生を歩んでいくとき、自分が何が必要なのかを知る。 その過程がなければ、自分の生きたい人生をカタチにできない。 どこに向かって生き方…

100

外の世界に飛び込む

自分の殻を脱ぎ捨てる 人は生きていくと、自分なりの考え方を身につけるようになる。 社会に転がっている知識や情報を拾い集めて、理論的で合理的な存在であろうとする。…

100

絶望から人生が始まる

現代に溢れる虚像 時代が前進するなかで、変わるものが大いにある。 変わるものにだけ視点を向けていると、本当の自分の生き方を簡単に見失ってしまう。 時代の混沌さに…

100

漠然とした不安の先に。

社会に対する儚さ 自分が生きる道は、自分自身でしか決めることができない。 人は社会の中に生きていても、成り行きで人生の目的を見出せない。 自分から行動を起こすこ…

100

絶望から人生が始まる

現代に溢れる虚像 時代が前進するなかで、変わるものが大いにある。 変わるものにだけ視点を向けていると、本当の自分の生き方を簡単に見失ってしまう。 時代の混沌さに…

100

ひとつを追求する喜び

人の限界地点 この世界で生きることは、自分から決断を繰り返していくこと。 その決断の内容には、正確な道筋が用意されているわけじゃない。 人が生きることに自分の喜…

100