見出し画像

【体験談】スーパービジョンを現役社会福祉士が受けたら人生変わった

この記事は認定社会福祉士認証・認定機構が定めた個人スーパービジョンを受けた体験談です。
スーパービジョンを受けるか迷っている医療ソーシャルワーカー(以下MSW)の起爆剤になれば嬉しいです。

私は、救命救急センターが設置されている病院でMSWとして働いている社会福祉士7年目で、毎月5,000PV以上のソーシャルワーク関連のブログX (フォロワー1,500人以上)等を発信しています。
現役で社会福祉士取得後、最速で認定医療ソーシャルワーカーと救急認定ソーシャルワーカーを取得しました。

  • MSWとして成長したい

  • 自分のソーシャルワークに自信が持てない

  • スーパービジョンを受けるのに尻すぼみしてしまう

MSWとして日々のソーシャルワークを実践する中で「私のソーシャルワークの方向性は正しいのか?」と不安になる人は多いです。
価値観よって「クライエントの最善」が変化するソーシャルワークを評価する指標がなく、周りで根拠をもって教えてくれる先輩もいませんでした。
私が行う実践のフィードバックを客観的に行う環境も整っていなかったため、毎日自問自答する日々でした。

私は実際にスーパービジョン(以下SV)を受けてソーシャルワークの基盤を学ぶことができました。
受けた前と受けた後ではMSWの考え方が180度変わります。

  • 経験に基づく説得力

  • 根拠のある理論・知識

  • 思考力・発想

SVを通して、ソーシャルワークの新しい引き出しを増やすことができたおかげで、従来までは「この選択肢を提案するしかないな」と思っていたケースも「この選択肢もありだな」「いや、この人の場合はこの選択肢もあり得るな」といったような実践の視野が広がりました。

当記事ではSVを受けることの重要性について解説します。
この記事を通して「SVは興味があるけどあと一歩が踏み出せない」と感じているMSWを後押しします。

結論から言うと、SVは一流のMSWになるためには避けては通れません。みなさんが実践しているソーシャルワーク実践が井の中の蛙であることを知るきっかけとなり、MSWの世界観が変わります。

この先は有料記事になります。Xで拡散していただいた方には最安値(100円)で購入できます。

なぜ私がスーパービジョンを受けたのか

ここから先は

2,442字 / 3画像
この記事のみ ¥ 100〜

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?