見出し画像

日高屋帰りに思う、これからのこと

明日も早いっていうのに、今日も今日とて上司を捕まえて日高屋で人生相談をしてしまったことを静かに反省中。とりあえずお風呂に入ったので、明日の自分がちょっとだけ喜ぶだろう。とはいえ、やることの借金がパンパン。明日の自分よ、返済に勤しんでくれな……

はてさて、先日お知らせした通り、イベントに参加することになった。イベント?大会?どっちかすらよくわかってないけど、やることはひとつ。いい小説を書いて、面白いことをするってことです。

そもそも応募のきっかけは、ある人からの勧めで「著者枠めっちゃ応募多いらしいけど、面白いから出しなよ!」と言われた勢いだった。小銭があるからちょっくら宝くじ買っとくか〜、くらいの思いだったので、選考が通ってしまったことに困惑しているし、まだ現実味を帯びていない感じ。薄い膜の中でフワフワしてる。

もちろん応募するからには、本気で「選考通って!頼む!」とは思っていたのものの、人生何があるかわからないですね。ちなみに、ちゃんと小説を書いたのは、おそらく学生時代の課題ぶりくらいなので、まずは長文を書く作業に慣れるところからのスタートです。普段の仕事でも長文に苦手意識があるのに、何してるんだ私……(遠い目)

他参加者の皆さんはめちゃめちゃレベルが高そうかつ面白いものを書く人ばかりみたいなので、お会いできるのを楽しみにしているような、恐怖なような気持ちにおぼれ中。自意識の波に飲まれて死なないようにします。

楽しむ、よりも負けたくないな。生意気かな。そんな感じで頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。

ps.明日は早朝ミーティングなので誰か6:00に起こしてください……

#20181010 #日記 #エッセイ #決意表明 #noveljam

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたお金は、美味しいお酒と新しい本に使い、書くためのエネルギーにしたいと思います。

6
1992生まれの詩人(仮)。貴方の心に致命傷を与えたい。 【連絡先】mrtriksty@gmail.com 【個人活動まとめ】http://aboutmrtrik.tumblr.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。