森田玲花

1992生の詩人(仮)。職業コピーライター。 短歌・エッセイ・小説・戯曲も執筆。詩歌ユニットは「眠い森林」。 お問い合わせはTwitterまたはmrtriksty@gmail.comへ。 貴方の心に致命傷を与えたい。 https://aboutmrtrik.tumblr.com

森田玲花

1992生の詩人(仮)。職業コピーライター。 短歌・エッセイ・小説・戯曲も執筆。詩歌ユニットは「眠い森林」。 お問い合わせはTwitterまたはmrtriksty@gmail.comへ。 貴方の心に致命傷を与えたい。 https://aboutmrtrik.tumblr.com

マガジン

  • 日記のような感情メモ

    日々の出来事や思ったことを書きます。

  • 短歌

    連作短歌、習作。

  • 小説

    文章練習やら昔書いたものやら何やら

  • 森田玲花

    森田玲花について

  • 書いてきたもの

最近の記事

固定された記事

専業ラノベ作家の恋人と会社員コピーライターの二人暮らし

埼玉生まれ、40歳。 視力はめちゃ悪くて、眼鏡なしでは生きていけない。 好きな食べ物はグラタンとハンバーグとカレー。 職業、専業ライトノベル作家。 そんな恋人と付き合い始めて3年、一緒に暮らし始めて約2年半が経とうとしている。 出会いは小説イベントで、ヘビースモーカーなのにライターを忘れた私が話しかけたこと。 ちなみに、「アイコスなんで……」と言われた。 しかし、車からライターを取ってきてくれた。神。 生活リズムもタイプも全然違う二人なのに、なぜか一緒に暮らしている。

スキ
47
    • 好きなことを好きだけ詰め込んだ場所が欲しい

      鬱がひどくなって、余計に無駄なことを考えてしまって悪循環を起こしている。 向いてないとか、しんどいとか、そんなのばっかりがこぼれてきて。 極論、私ってなんだっけみたいな自己について考えだしてしまって、意味なく溺れている感覚。 情報量の多い場所にいくと具合が悪くなるとか、不眠と過眠を繰り返しているとか、喉の詰まりが取れないとか、文字が読めなくなってき始めているとか、過去の経験則的にまあまあ追い込まれているのがわかっているからこそしんどいだけなのかも。 恋人もここ数日あんまり

      スキ
      1
      • 心のバロメーターがバグっている

        楽しいと思えることがめっきり減っている。 食欲もなくて、何もかもが億劫だ。 強いて言えば喫煙本数だけ増えている感じ。 主治医の先生から「心の動きに機敏になれるよう、こまめに数値化してみてね」と言われて実践している。 ここ半年くらいはそんなに下がることも上がることもなかったけど、最近は上下がはげしい。 最小値が-5だとしたら、ずっと-3くらい。 圧倒的自信のなさやPMSもありそうだけど、まあまずいのはわかっているので通院時期を早めた。 バロメーターのバグならいいんだけどな

        スキ
        2
        • 永く長くつづくであろう人生の先で

          中原中也は30歳で死んだから、私も30歳で死ぬんだと漠然と思い描いていた。 結果として30歳になってもまだ生きているし、27クラブは脱会したし。 人は簡単には死なない。それだけはわかる。 30までの未来予想図すら曖昧だったのに、終わる予測が立てられない延長戦に突入して混乱している。 予定、もっと突き詰めれば理想、夢描いていた自分は、死ぬか生きるかの点で仕事や年収を気にしていることもなければ、書くことに執着してそれ以外は切り捨てているはずだった。 だって、書けなければ生きる意

          スキ
          5

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 日記のような感情メモ
          森田玲花
        • 短歌
          森田玲花
        • 小説
          森田玲花
        • 森田玲花
          森田玲花
        • 森田玲花
        • 虚構歌詞
          森田玲花

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          努力が才能ならば

          書かないと死ぬと思っていた。それか死ぬしかないかな、と。 過去形になってしまっている自分がいてかなしい。 書くことは好きだ。ものをつくるのも好き。 とにかくたくさん頭の中にぐるぐるしているもの、全部かたちにできたらいいのに。 そう思えば思うほど、動き出すのが怖くなる。 衝動で全てを投げ捨てるほど、私はもう若くなければ無駄に賢くなってしまった。 そうやって勝手に傷ついてかなしくなるたびに、もう一人の自分がささやいてくる。 「結局言い訳ばかり謳っているだけじゃないか」と。 そ

          スキ
          8

          朝焼けが滲んで立ち上がれない日に

          精神科へ通院を始めて2年が経った。 その間に休職を繰り返したり、復職したり、結局しんどくて転職したりと色々あったが、なんとか生きている。 振り返ってみれば、自力で病院へ行くという判断はできなかったので、下手したら自死を選んでいた可能性もあったのだ。 何度も言うが、あの時「病院に行かないなら二度と連絡してくるな、友達をやめる」と強く進言してくれた友人には感謝が尽きない。 結果として病院に行ったことである程度回復できた。 たまたまだけど、一発目でいい主治医に出会えたことも大きい

          スキ
          2

          結局、精神状態なんて分かり合えるもんじゃない

          今の会社には、うつ病を患ったことも現在治療中なことも、全部隠して働いている。 強いて言うなら、体調に影響をきたす不眠障害だけ伝えている。 「睡眠薬飲まないと寝れないんですよ〜」「寝たいのにうまく寝れなくて〜」と明るく話しているが、体調にもメンタルにも結構くるものはあって。 6月は毎年何かしら調子が悪い。 梅雨時期で気圧性頭痛があるのもあるし、仕事でも何かしら起きる。 思い返せば、うつになった原因の仕事も6月だった。6月のせいではない、だろうけど。 今年は締切に追われて、周

          スキ
          7

          日記のような感情メモ0615

          GWに事業部みんなで働いて、一週間後に振り替え休暇をとる。 会社の人たちと恋人と一緒に、九州へ3泊4日で旅行をしてきた。 美味しいものをたらふく食べて、朝から朝まで飲んでを続けて、大学のサークル合宿みたいで楽しい日々だった。 会社の人と旅行なんて一生行かないだろうな〜と思っていたけど、思ったより楽しくて幸せ。 飛行機は相変わらず怖かった。終わってほしくなかったなあ。 ——— 入社して初めてくらいの大ミス。仕事が雑になりすぎてしまった。 不甲斐ないのと具合が悪すぎて、意味も

          スキ
          3

          日記のような感情メモ0418

          20代最後の日。久々に運動しようと、市営ジムへ初めて行く。 思ったよりもガチ勢の人ばっかりでびっくりしたけど、いい感じに汗かけた。 そのまま歩いてスーパー銭湯まで行って、ご飯と温泉を満喫。 ここのスーパー銭湯は、逆メニュー詐欺で量が多い。お値段はお食事処価格だけど、美味しいし。 その後は駅近でたまに行く居酒屋で軽く引っ掛けて、そのまま飲みながら歩いて帰った。 ほわほわした頭で一日楽しかったな〜と思いながら眠りにつく。 ——— 前売り券を使ってファンタビの最新作を観る。 面

          スキ
          4

          日記のような感情メモ0404

          転職してあっという間に一ヶ月が経とうとしている。 できることが増えている感じもまあしないのだが、少しずつ進んでいるといいな。 今のところ、新しい会社は楽しくやれていると思う。 周りの人も優しいし、みんな仲がいいので心的安全性が高い。 おかげでメンタルの調子もまあまあいい。少なくとも悪化はしていないはず。 慌てず落ち着いて、これからも楽しくやっていけるように心がけていく。 ——— 雨のせいか、疲れのせいか、風邪をひいたせいか、急に寝込む。 恋人もワクチンのせいでダウンしてて

          スキ
          4

          日記のような感情メモ0329

          手を変え品を変え花見をしまくる。 先週はあんまり咲いてないな〜と思ってたけど、あっという間に満開だった。 結局は花より団子ならぬ花より酒。いい気温の中で飲めるのはいいこと。 飲み過ぎてばっかりで良くないのはご愛嬌。 ——— 三寒四温が続いて嫌な感じ。調子がイマイチ上がらない。 ご飯を食べると眠くなる。いつも通りっちゃいつも通りだけど。 頑張る方向がわかるような、わからないような、とにかく走り続けている。 なんとなくお腹の調子も胃腸の調子も悪くなっていく気がしてて、なんとか

          スキ
          4

          日記のような感情メモ0324

          とにかくお腹が痛くてトイレと友達になる。 前日に酒を飲んだわけでもないので、何が原因かは不明。 最近、あんまり調子が良くなく、酔って失敗することが増えてきているので注意したい。 ——— 考えがまとまらなくてうひ〜んと泣き言を言っている。 慣れない仕事なので、そりゃそうなんだけど。 とはいえ、一応中途入社なのであんまり泣き言も言ってられない。 古巣だったらどうなんだろうなあ……と思いながらも、後ろを振り返るのはやめよう。 ——— 仕事の合間に雑談する。 新しい会社は心的

          スキ
          3

          日記のような感情メモ0314

          入社2日目。まだ慣れない。 色々説明されたけど、ついていくのにいっぱいいっぱい。 「これわかる?」と促されて、ようやくわからないと首を振るのは良くないね。 人と話すたび、自分の脳がまとまっていないのを痛感する。 とりあえずは目の前のできることを確実にやっていきたい。 ——— オフィスの自由さに慣れないです〜と言ったら、そう?と言われてカルチャーギャップ(初日ぶり2回目) ワーケーションもいいらしい。というか、みんな自由にリモートしている。 個人的には都内のホテルの文豪プラ

          スキ
          5

          日記のような感情メモ0313

          転職した。二度目の新卒の気分である。 業界も職も思いっきり変えてしまったので、なんていうか今までの7年間がぽっかり空いたような気分。 役に立たないことはないんだろうな〜と思いながら、クリエイティブでやってきた積み重ねがどれだけくらい通用するのか、中途で入った意味とか考えすぎてメンタルにクリティカルヒットをかます。 自分で自分にバイアスをかけるのが得意なので、その辺の癖をとっぱらいたいと思っている。 -------- まだ歯が痛い。噛み合わせの悪さ? つらいと無意識に食いし

          スキ
          5

          【退職エントリ】新卒から約7年勤めた会社を退職しました

          最終出勤日を過ぎたので、区切りとして書いておきます。 タイトル通り、新卒入社で勤めていた会社を退職した(正確には退職日は3月上旬)って話です。 7年間何をしてきたのか2015年に某印刷会社へ総合職として入社しました。 面接時は入社予定の会社が親会社だったのですが、内定式になって「来年からホールディングスを立ち上げるので、親会社じゃなくなりま〜す」と言われて白目をむいたのはいい思い出です。 そんな変革もあり、特殊な年に入社してしまい、店舗配属予定なのに研修先が一人だけほぼ工場

          スキ
          64

          日記のような感情メモ0225

          ニート期間。会社はどうなってるんだろうなとかぼんやり考えたりする。 私がいなくても世界は回る。けど、取り残された側はどうなるのだろう。 今はなにも考えず、じっとしてても許されるね。 --------------- せっかくの平日休みだからと、ディズニーシーへ行く。 お酒も飲んでご機嫌。欲張らなかったのにアトラクションもたくさん乗れた。 水上バスに乗ってる時に、ちょうど花火が上がってきれいだった。 次はいつ来れるかわからないけど、また遊びにきたいな。 恋人の手はつめたくて、

          スキ
          1