森田玲花

1992生の詩人(仮)。職業コピーライター。 短歌・エッセイ・小説・戯曲も執筆。詩歌ユニットは「眠い森林」。 お問い合わせはTwitterまたはmrtriksty@gmail.comへ。 貴方の心に致命傷を与えたい。 https://aboutmrtrik.tumblr.com
固定された記事

【一部無料公開:小説】お別れ時はスマートに

 これだ、と思って勢いで申し込んだ。いや、多分酔っぱらっていたせい。そうじゃなかったら、こんな怪しいセミナーに参加していない。  きっかけは雑多に投函されていた…

200

日記のような感情メモ1012

夢見が悪い。結果、寝た気がしない。 壊滅的に朝が苦手になってしまった。 自分の意識とは別の次元で起きられない。 眠りの海にいるようで、深く深くまで溺れてしまって、…

【小説】バニラムーン

お題:電子タバコ  小さな月が差し込むような部屋だった。顔と顔が見えるくらいの暗さに、網戸から映り込む向かいのアパートの外廊下の明かりが星のように瞬いている。私の…

日記のような感情メモ1011

朝から会社に連絡しなきゃいけなくてぐったりする。 当たり前のように出社してる時の時間に起きたけど、薬が抜けきっていなかったのか、全然頭は回らないし眠気がすごいし…

日記のような感情メモ1008

月曜日をどうにかこなし、火曜から休養で休んでいる。 心の平穏はあるけど、戻れる気がしない。 そして過眠症状が顕著化した。 ほとんど毎日寝てばかりで、ソファが友達に…

日記のような感情メモ1004

遺書を書いてみる。思ったより感情が溜まっていたことに気づく。 人間楽しいことよりもつらいことが上回ると、どうにもいかなくなるみたいだ。 夢は叶えてないし、死んだら…