もとしげ@アラブコーヒー|ArabCoffeeWorkshop

コーヒーに携わる仕事を始めて20年。 産地に行ったり、焙煎をしたり、生産工場に行ったり、 店舗で販売を行ったりと中々にコーヒー漬けの毎日を送っています。 コーヒーに関係するマニアックな話から初歩的な話をなるべく面白おかしく 綴っていけたらと思います。

もとしげ@アラブコーヒー|ArabCoffeeWorkshop

コーヒーに携わる仕事を始めて20年。 産地に行ったり、焙煎をしたり、生産工場に行ったり、 店舗で販売を行ったりと中々にコーヒー漬けの毎日を送っています。 コーヒーに関係するマニアックな話から初歩的な話をなるべく面白おかしく 綴っていけたらと思います。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    コーヒー従事歴20年。私の自己紹介

    友人に勧められてNoteを始めることとなりました。もとしげと申します。 タイトルにもありますように現在34歳ですが、コーヒーに関連する業務に従事してはや20年になります。私のNoteではこれまでに経験した業務や体験をもとにコーヒー好きの方に見ていただくため、自分の備忘録として色々書いていきたいと思います。是非宜しくお願いします。今回はこれまでどのような業務をしてきたかを含めて自己紹介させていただきます。 中学生時代・・・はじめてコーヒーに触れる祖父の代に設立した大阪はアラブ

      • コーヒー相場価格1年3か月ぶりの安値に

        2021年4月頃より相場価格の高騰が始まったコーヒーが、ようやく下落の予兆を見せ始め、現在少しずつではありますが下落中です。しかしながら円安もあり、まだまだ価格はすぐには変わらないと思いますが、今後を予想していきたいと思います。 コーヒー相場推移 上記グラフはアラビカコーヒーの相場価格推移になります。 コーヒー取引価格が安定している時はだいたい110~130¢/lbほどで推移しているものですが、昨年4月からブラジル裏作の生産量減少見込によって少しずつ相場は上昇し、2021

        • アラビカ種とカネフォラ種とは?

          昨今コンビニなどでもよく見るようになったこの「アラビカ種」。 コンビニコーヒーが大成した要因のひとつといっても過言ではないこのアラビカ種という品種について、またこれ次ぐ生産量を持ち飲用されている「カネフォラ種」について今回は記載していきます。 コーヒーは2つの品種に大別されるコーヒーという植物はアラビカ種とカネフォラ種の2つに大別されます。実際にはリベリカ種という品種あるのですが、生産量コーヒー生産量の1%にも満たず、ほとんど流通しないので、割愛させていただきます。 風味

          • 下がらぬコーヒー相場、止まらぬ円安

            昨年4月より少しずつ高騰し、7月末にはブラジルの霜害を発端とした大幅な価格高騰があったコーヒー相場は1年以上経過した今でも、相場下落の様子はなく、さらには円安といった問題も相まって、かなりの高価格になっています。どれほどのものになっているか、今後の行方を書いていきます。 コーヒー相場推移 上記グラフはアラビカコーヒーの相場価格推移になります。 コーヒー相場価格は安定しているときは110~130¢/lb台で推移するのですが、140¢/lb台になるとコーヒーを多く扱う商社やメ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • コーヒー相場情報
            もとしげ@アラブコーヒー|ArabCoffeeWorkshop
          • コーヒー関連資格
            もとしげ@アラブコーヒー|ArabCoffeeWorkshop

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            高止まりのコーヒー相場価格

            昨年4月より徐々に高騰し、2021年7月末に急騰したコーヒー相場価格。 まだまだ相場下落の様子を見せない現在のコーヒー相場と、今後の行方について書いていこうと思います。 相場高騰のおさらい 2020年の10月~12月にブラジルでの降雨量が不足しており、『これは2021年度産のブラジルは裏作だし、さらに生産量が下がりそうだな・・・。』という予想からコーヒー先物価格は2022年度1月頃から徐々に高騰します。 2021年7月末にブラジルの一部産地にて葉や枝が凍結する『霜害』が

            コーヒー相場高騰と円安による価格高騰

            昨年7月に急上昇したコーヒー相場価格は、昨今の円安も相まってこれまでにないほど価格上昇中。。。どれぐらいの影響があったのかを説明したいと思います。 相場高騰のおさらい 2021年7月末にブラジルの一部産地にて葉や枝が凍結する『霜害』が発生したことを発端にコーヒーの相場価格は一気に上昇しました。これに加えてコロナによる輸送遅延、ウクライナ侵攻による情勢不安、ラニーニャによるコロンビア減産懸念、円安傾向といった問題が立て続きに発生したことによって現在のコーヒー取引価格は相場高

            コーヒー相場状況 ブラジル霜害懸念と生産量見込みによる高騰

            いまだ下がる見込みのないコーヒー相場価格。今回はこれまでの歴史もふくめてどういったタイミングで高騰しているのかを説明していきます。 相場高騰のおさらい 2021年7月末にブラジルの一部産地にて葉や枝が凍結する『霜害』が発生したことを発端にコーヒーの相場価格は一気に上昇しました。これに加えてコロナによる輸送遅延、ウクライナ侵攻による情勢不安、ラニーニャによるコロンビア減産懸念、円安傾向といった問題が立て続きに発生し、相場高騰前の取引価格にくらべると、コーヒーの価格は1.7倍

            コーヒー相場情報 相場高×円安による価格高騰

            以前より、コーヒー相場が高騰したことによる価格高騰について記載してきましたが、今回はコーヒーだけではなく円安も相まって価格がさらに高騰しているというお話です。 おさらい コーヒー相場が高騰している理由に関しては過去の記事の通りではありますが、2021年1月より「今年のブラジルは裏作だし、開花状況良くないからあんまり生産量伸びないかも・・・」という懸念をもとに徐々に相場高騰が始まりました。 2021年7月末にはブラジルの一部産地にて「霜害」と呼ばれる地表が凍結し、コーヒー

            コーヒー相場(2022.04.01)

            昨年2020年11月頃より価格高騰がはじまったアラビカコーヒーですが、現在も非常に高価格帯にて推移しており、まだ相場下落の動きが見えておりません。 相場価格上昇の背景は? 当初はブラジル2021年度産コーヒーが裏作にあたり、雨量が少なかったことから生産量が減産するのでは?という懸念から2020年11月頃より徐々に相場高騰が始まりました。2021年4月から収穫が始まり、収穫量の見込みや品質といった面から相場価格はさらに上昇していきます。 2021年7月末ブラジルでの霜害発

            コーヒー関連ニュース2022.03.21-03.28

            スターバックスが価格改定を行うニュースが出ました。コーヒーの価格は昨年の今に比べると165%ほどの値上げになっておりますし、エネルギーの高騰や小麦の高騰からも致し方ないと思います。 コーヒーは適度に飲むと健康の良い とか、 飲みすぎると体に悪い という情報はよく見ます。カフェインの摂取による影響は人によって異なりますので、検証も難しいとは思いますが、何事も適度なのが一番ですね。

            コーヒー関連ニュース2022.03.14-03.21

            今回最も面白かったニュースはスターバックスを名乗って、70万稼いだというお方。企業のブランドを語って商品の販売を行うことは決して許されることではありませんが、ドリンクの作成に使用する機械はしっかりしたものを使用しているので、今後は当人自身のブランド力だけで勝負してほしいです。

            コーヒー関連ニュース2022.03.05-03.13

            レギュラーコーヒー市場で豆商品の売れ行きが伸びているのは私の様なコーヒー業務従事者には嬉しいニュースです。

            コーヒー関連ニュース2022.02.26-03.04

            上記期間であったコーヒー関係のニュースのリンクを貼っています。 実際にはもっと沢山のニュースがあるのですが、メーカーの動向や、企業の新商品等に注目したものをピックアップしています。 値上げのニュースばかりですが、新たな試みをする企業様には刺激をうけますね。

            コーヒー相場(2022.02.28)

            かなり久々の投稿になりますが、現在のコーヒー相場に関して記載していきたいと思います。昨年の1月頃から上昇を開始したコーヒー相場価格はその後上昇を続け、非常に高い相場価格で推移しております。 そもそもの高騰理由は? 昨年2021年はブラジルは「裏作」にあたる年で、生産量が減産する年だったのですが、2020年10月からの雨量不足によってさらなる減産が予想されていたことから、相場価格はジリジリと上昇していきました。2020年11月頃から徐々に高騰した相場価格は2021年7月末に

            コーヒー値上がりに関して(2021.11.25)

            コーヒーの原料価格が高騰している理由は以前の記事でもあげてきたのですが、11月に入ってきてから更に価格が上昇しております。さらにはエチオピアでの内紛もあり、エチオピア産コーヒーの価格が急上昇、品薄という状況が続いており、私のようなコーヒー関係従事者様は頭が痛くなる状況が続いておりますので、その内容を簡単にまとめます。 相場価格の推移に関して2021年4月頃からブラジル裏作減産懸念から徐々に始まった相場高騰は2021年7月末のブラジル霜害懸念によって大きく高騰します。内容は以

            コーヒーの祭典「SCAJ2021」

            SCAJとは「Specialty Coffee Association of Japan」の略称で、日本スペシャルティコーヒー協会のことです。本協会が主催する展示会SCAJ2021を見学してまいりましたので、感想を簡単に綴りたいとおもいます。尚、私は本展示会には大学生の頃から毎年参加しているので10回近く行っており、内2回は出展者としても参加しておりますので、過去との変わり具合も含めてお話していきます。 どのような展示会なのかSCAJという協会は簡単にいうと「スペシャルティ