見出し画像

人生最長のオナ禁期間を記録した警察学校最初の1か月。そしてついに迎えた1ヶ月ぶりの彼女との再会の時

今回は、私の人生で最長のオナ禁期間の記録となっている警察学校最初の1カ月間と、それを耐え抜いた後の彼女とのセックスの時の話です。


警察学校は入校してから最初の一か月間は帰宅できません。

土日も自由に外出できません。

まるで刑務所です

私たちが収監(入校)されて3週目に入ったころ、寮でみんなでのんびりしている時間に、6人のルームメートの中のひとりが突然叫んだんです。


あー!頭おかしくなりそう。もう限界だ!トレイでシコってこようかな。何も集中できない

画像1

この発狂に対して他のルームメートが次々に反応


「確かにこの問題はきついよね。」

「最初の外泊までまだあと十日以上あるよー」

私も思いました
確かにこれだけの期間一回も出していないというのは初めてかもしれない。


警察学校は一人になれる時間がまったくないからできない。

寮は集団の相部屋です。

24時間つねに同期生の誰かと一緒です。

そのため男にとって定期的に行う必要があるアレが当然できないわけです。

仲間の中にはすでに限界を超えていて、精神状態が狂い始めている者が出始めていました。

私自身も、3週間もの間一度も出してないというは後にも先にもこの時だけです。

遠距離恋愛してた名古屋の女性は、会う日の一週間前になるとオナ禁を命じてくる人でした。

だから一週間のオナ禁は何度も耐えたことはありました。

私にとっては一週間でも限界でした。

会える日の2~3日前になると、ウズウズして何も手につかなくなる。

夜も眠れなくなる。

会う前に夢精してしまうんじゃないかと毎回冷や冷やしてました。

そんな私にとって、この時の3週間のオナ禁はもはや異次元でした。

彼の叫びが押さえ込んでいた私の性欲を呼び覚ましてしまった


私は彼のこの言葉に対して「よけいなこと言ってくれたな」と思ったのです。

というのも、私自身は彼のこの叫びを聞くまではこのことに関しては実はそれほど苦痛を感じてはいませんでした。

思い出さなようにしていたのです。

それに入校以来の慣れない環境と、やることに追われる日々であまりそっちには意識がいってませんでした。

しかし、彼がこのことを話題にしたことで私自身もこの問題について気が付いてしまった。

彼のせいで、奥深くに封印されていたよけいな欲求を思い出してしまったのです。

そういう意味で「よけいなこと言ってくれたな」と思ったのです。

男ならわかると思います
一度意識してしまうともうダメです。24時間頭から離れない。
20代半ばのやりたい盛りの男にとってかなりの苦痛です。 

画像2

                                  授業中に怖い教官が授業してても、ずーっとアソコがウズウズしている。

頭に浮かぶのは、当時付き合っていた彼女の体のことだけ。

おっぱいの感触、

クンニした時のアソコの味、

バックで突いてる時の大好きなお尻。

教室だろうが訓練中だろうがそれしか考えられない。

薬物中毒者の禁断症状とまったく同じ

翌日の夕方、余計なことを言ったあいつが寮の部屋に入ってくるなり、
「このままじゃ夢精しそうだったからトイレでしてきてやったぜ」

私の心のつぶやき「別に言わなくていいから」

でも彼の気持ちはよくわかる

集中力を再起させる唯一の方法はそれしかない。

しかし私は絶対にしない決意をした。

警察学校のトイレでした場合、終わった後にどんな気持ちになるかを想像した。

絶対に惨めな気持ちに襲われるだろう。

ここまできたら絶対に耐える。

自分が次に出す時は絶対に彼女の手か口かアソコだ。

初めての帰宅まであと10日あまり。

絶対に耐える。

そう固く決意した

長い長い10日間になった。この期間に授業でやったことはおそらくほとんど身に入っていない。

すべてあいつの一言のせいです。

しかし私は耐えきった。

一か月耐えに耐えて、ついに初めての帰宅の日がやってきました。

この日をどれだけ待ったか。限界はとっくに超えている。

爆発寸前です。

毎晩夢精しないかヒヤヒヤしながら眠りについていた。

ついに初めて帰宅できる金曜日の夕方

この続きをみるには

この続き: 1,391文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、今後の情報発信のために活用させていただきます。どうかよろしくお願いします

ありがとうございます。Twitterで感想・ご意見をお待ちしてます
5
警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu

こちらでもピックアップされています

警察学校のことが本当にわかるマガジン記事
警察学校のことが本当にわかるマガジン記事
  • 35本
  • ¥1,980

このマガジンは↓こういった人たちに役に立つものです ・警察官になりたいけど、警察学校はすごく厳しいと聞いたことがあるから不安 ・家族や恋人が警察学校に入っているが、どんな生活かわからないため知りたい。 ・警察学校の本当の実態を知ることができる信用できる情報が欲しい ・警察が行う採用説明会などではいいところしか言わないだろうから、悪いところも含めて本当の実態を知りたい こういった人たちのために、元警察官の私が警察学校の本当の実態がわかる記事を作成しました。 もし私が警察官になる前だったら、こういうことを知りたかった、と思うことを書きました このマガジンを読めば、警察官にならないとわからないことが、警察官になる前に知ることができます これまで120人以上の人に購入されています 30以上の記事があるので1記事の価格は60円以下です

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。