欲しい車を買うためにお金を貯めた。まさかのパワハラで断念
元警察官

欲しい車を買うためにお金を貯めた。まさかのパワハラで断念

元警察官👮‍♂️ケイ

新人として警察署に配属され2〜3年目の男性若手警察官M君がいました。

M君は学生の頃から欲しかった車がありました

働いたらお金を貯めて絶対あの車に乗るんだ、と何年も前から楽しみしていたものです。

M君はそのために、警察官になってからも無駄遣いをすることなく、真面目にこつこつと預貯金をしてきました

車への想いは本物で、2〜3年で他の同年代では誰もできないような金額を貯めることができました。

欲しかった車を新車で買える目処が立ちました

欲しかった車は、その年代で乗るには少しだけ高級な車種です

とは言っても、メルセデスやレクサスのようなものではありません。

新車価格で300〜400万の間くらいのものでした


さて、警察では車を買う時、自分で勝手に決めて買ってはいけません。

え?と思う人も多いと思います

若手とはいえ、自分で働いて貯めたお金で買うのに、自分で決めて買えないの?

買うためには一体何をしなくてはいけないの?

そこには、警察特有の異常なお手続きが必要なのです

そしてM君はこの異常な手続きによって、なんと自分の欲しかった車を買うことができない、という事態に追い込まれてしまったのです

それは完全なパワハラでした

M君を襲ったのはどんなパワハラか、今回はその実例から警察特有のパワハラを紹介します。

この続きをみるには

この続き: 925文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

警察官の勤務はどれほどブラックで厳しいのか、また階級社会・縦社会と言われる警察組織のパワハラはどれくらい酷いのか、 警察官を約10年勤めた…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
元警察官👮‍♂️ケイ

いただいたサポートは、今後の情報発信のために活用させていただきます。どうかよろしくお願いします

ありがとうございます。Twitterで感想・ご意見をお待ちしてます
元警察官👮‍♂️ケイ
警察官を約10年勤めて退職した元警察官。交番、鑑識、機動隊などを経験。警察官を目指す人、警察官から転職したい人などへの記事作成や相談をしています。メインブログ→http://motopolice.xyz/ ツイッター→https://twitter.com/motokeisatu