見出し画像

外星通訳一族、”AKIMOTO”9

   

    『休みは消えてなくなった。もう帰ってはこないんだ。』

————3代目 通訳官 秋元 誠児の出勤状態を表した一言————



「誠児、悪いがこれじゃあ全然足りないぞ?」
 秋元和久はそう言った。
彼は誠児が作った計画書を見ていた。

「……たとえば、何を他に入れればいいんだよ?」
 誠児は尋ねる。
こういう時に父が言うことは決まってロクなことではない。
しかし、確実に必要になるか、必要になるよう誘導してくる。

 彼の計画書では、暗号解読、言語学者、通訳、翻訳等の「言語系」と、
精神、脳、突発的な状況に応じての各専門医師等の「医療系」、
そして各国の政的治状況を俯瞰(ふかん)でき、それを発言できる
「政治・外交系」、これらの人員を、ウルスの船に乗せて当の異星人へとコンタクトをとる予定だった。
 
 だが、それ以外。
もっと別分野が必要だということか。

「いや、『軍事系』がないじゃないか。兵器もない、兵士もない。絶対に必要になるぞ、断言しておく。」

「いやいやいやいや。」
 ウルスの船に乗るんだよ?それって必要か?

この続きをみるには

この続き:3,209文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
今回も半額近い値段で出させて頂きました! ぶっちゃけやり過ぎちゃった☆ 良かったと思ったら「サポート」欄にてご入金ください、喜びますので。

「変わったものを、見つけた!」ウルスの若者が見つけた何かの破片。そこから始まる新たな出会い。でも、どうやら相手はちょっと地球人とは違っ...

待たせたな!!! 『今までのを全部読めるようにして!!』の要望に応える時が来た!!『現在ある本編23話全てを乗せた最強のお得マガジン!...

または、記事単体で購入する

外星通訳一族、”AKIMOTO”9

森人 陽 ◆ZPJ5/.UMSc

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私は現金な人間なのでしょう。お金をもらえると嬉しいとおもい、モチベーションが異様に上がります。そうするとどうなるか。書きます。異様に書きます。つまり続きます。 作品の完結には、皆さまのご助力も、私は必要としています。余裕があるときにだけでいいので、補助を宜しくお願いいたします。

ありがとう、心の底から。
6
名前をツイに合わせました! #小説 外星通訳一族 ”AKIMOTO”を投稿しております。 メルアド moribito.you@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。