見出し画像

接続詞の働きシリーズ④ 選択

または
あるいは
もしくは
などが代表的な選択の接続詞です。

前後どちらかの事柄を選ぶときに使います。

例を挙げる時などに使える接続詞です。覚えておきましょう。

補足
「また」と「または」は接続詞としての働きが違います。注意しましょう!!

受験相談、作文や小論文の添削をご希望される方は公式LINEをご登録し、「1」と送ってください😊

↓公式LINEはこちらをタップ

https://lin.ee/nSMVEMC

この記事が参加している募集

私の仕事

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

📝小論文の添削 📝志望理由書の添削 📝面接対策 📝メンタルコーチング を行っています。 自分の人生は自分で創れる!が人生のテーマ😊 詳細はこちら↓ https://peraichi.com/landing_pages/view/senbatsunyushikatekyo

ありがとうございます(^-^)
2
小論文専門の家庭教師! オンラインで 📝小論文の添削 📝志望理由書の添削 📝面接対策 📝モチベーションアップ指導 を行います。 【自分の人生は自分で創れる!!】が指導のテーマ。 添削のご依頼などあれば、公式LINEをご登録し「相談」とメッセージを下さい。

こちらでもピックアップされています

【大学受験】小論文について
【大学受験】小論文について
  • 92本

小論文を書く上でのポイントをまとめています。 入試で小論文が必要な人はぜひ覗いてみてください^-^

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。