モイモイまかない ~野生ローズヒップティーを作る~
見出し画像

モイモイまかない ~野生ローズヒップティーを作る~

其の一は自転車で20分も漕げば海に行ける場所に住んでいます。9月に入るとある目的をもって海沿いを走ります。

目的とはハマナスの果実狩り。オランダではWilde rozen(野生のバラ)というようですが、ローズヒップ(バラの実)という意味であるRozenbottelで通じるようです。海沿いでは道沿いなどに生えています。砂丘に行けばたんとありますが、National Parkでは植物の採取は禁止されています。

ローズヒップは花を終えた後になる赤い実の総称です。「ビタミンCの爆弾」と呼ばれているそうですね。爆弾って…。

画像1

ハマナスの実は平べったい丸っこい形がかわいいです。

これを摘んで、果肉&皮を干せばティーになるというわけです。

画像2

中には種がぎっちり。これをほじほじして、綿毛のようなものを取り除いていくわけですが、果肉がベったべったなのでそう簡単には取り除けません。

果てしなく辛気臭い作業なのですが、其の一にとって、このほじほじ作業はZENタイム。オランダ語がわからんちんのTV番組をバックグランドミュージックに、長くなってきた夜をほじほじしながら過ごします。果実がべったべたに付いた手からバラがほのかに香るのも癒し💛。

2週間くらい日干しして…。

画像3

ローズヒップティーができあがりました。

画像4

3~4個のかけらに熱湯を注ぎます。最初はやや味のついた白湯ですが、しだいにローズヒップ特有の酸っぱさがついてきて、ほんのりバラも香ります。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オランダのくらしをサポートするフリーペーパー『mooi-mooi』編集部です。