人生の選択肢は多い方が幸せ_

金融資産について個人的に。

王道は儲からないよ!と言われた村上です。チクショー

@鷺沼発マネーコンサルティングスラッシュオー兼資産バランスプロジェクト

さて、私の業務でもある保険と運用について。一般的な考え方を書いて、私の考え方が書ければなと思っております。本日もお付き合いくださり、ありがとうございます。

【売る側がどこを重視するか?という一般論】

今 < 老後

生 < 死

このように考えて営業されているのが一般的かなぁと思います。老後を重視した方が保険で頂くお金増えますし、死に関しても同様。当然と言えば当然の話ですね。加入される方が、残された方の事を考えるのも当然。

ですが・・・

【村上はどこを重視するか?という超個人論】

今 = 老後

生 = 死

と考えています。ちょっとまって!両方できないから悩んでる。と言うお客さまにも出会います。もちろん収入と支出にもよりますが、経験則的には世帯で500万/年の収入とお子さま一人の家庭であれば可能だと思います。

【貯蓄できるのはどの期間?という一般論】

(第一次貯蓄時期)結婚~お子さま高校入学まで

(第二次貯蓄時期)お子さま大学卒業~ご主人の退職まで

これは、まったくその通り同意見です

【ここで起こる疑問点】

金融機関としては、第一次貯蓄時期を取りたくなるのが心情です。ですから、多少儲けがなくとも学資保険を頑張るんですね。

しかし、ここで一歩踏み込んで考えて頂きたい。それは一緒に老後の貯蓄を保険でする必要ある?ということ。もちろん適量という言葉がある通り、無理ない金額で行うことはとても素晴らしいこと。そうでない場合、4点疑問が残る。

1.ライフプランなどで計算した平均以上の授業料がかかる高校に合格した場合はどうするのか?

2.保険で賄えない出費が発生した場合はどうするのか?

3.ご主人の会社が倒産する or ボーナスなど削減された場合どうするのか?

4.今の我慢より老後が大切か?

5.増えるという部分で保険以外の商品も検討したか?

【村上はどう考えるか?という超個人論】

上記1~5は別に貯金があるから大丈夫!という方は問題なし!!

そうでない場合は、死亡保障と医療に関しては最低限持って、余裕がある範囲でまず現金貯蓄をする。それでも残るならidecoや債券などの投資・保険での積立を考えるので良いと思います。

一番良くないのは、保険で損をしない!を重視しすぎて、他で損をすること。※お子さんがどうしても行きたい高校に合格して、積立していた保険を損で解約とかね・・・

考えるヒントとしては、必要資金を

安全性・流動性・収益性

で見ること。

【最後にどうしてこう考えているか?】

言うまでもなく、不安定な時代に入ってきています。金融機関に勤めていたため、大企業も含めた倒産もみてきています。そして、働き方も大きく変わってきている。

不安定な時に必要なのは、選択肢が豊富なことと、周りからの信頼があることだと思います。周りからの信頼にはお役に立てるかわかりませんが、選択肢を提示することは可能だと思っています。

是非皆さまの一助となれば幸いです。

追伸。既に加入して困っている場合でも解決方法はあります。

当ブログ、 フォローもお待ちしています!

そんな私どもに資産・運用・保険の相談したい方や村上にひとまず会ってみたいという方は下記連絡先までご一報くだされば幸いです。

※多くの方が当初メールで頂いております。

※たまにコンサルもしています。

毎日あなたのそばにいることはできません。

でも、毎日あなたを応援しています。

■連絡先

マネーコンサルティング Ø(スラッシュオー)

神奈川県川崎市宮前区小台1-19-5

村上 直人

℡ 090-4595-1148 ✉ murakamibull@outlook.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けますと嬉しいです。頂きましたサポートは地域活性化の為に主に使用します。また、お許し頂けるならサポートして頂いた方にも季節のお手紙お送りしたいです。

最高の一日をお過ごしください!
7
社外秘書のようなコンサルタント・個人向けマネーコンサルとして活動しています。 ・会社の営業法 ・会社の財務 ・経営者と社員との心の橋渡し ・経営者の意思決定の手助け ・資産効率化 等です。「とりあえず村上に連絡するか!」が多い。

こちらでもピックアップされています

資産形成と資産運用
資産形成と資産運用
  • 60本

資産形成で必要な考え方や情報です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。