やめとま話
見出し画像

やめとま話

noteで創作活動をしている方って、必ず好きなものあるはず、といつも思います。

音楽、旅、読書、映画、絵本、料理、子育て、仕事、・・・・その、好きなものを書くだけ。そんな企画を発見しました。賞品付きです。

あなたの「やめとま話」を教えて欲しいという企画です。「やめとま話」って、あのサイコロ投げてトークする番組では見かけたことありません。何のこと?と思った方もいるでしょう。

それは・・・”やめられない、とまらない”話のこと。

この「やめられない、とまらない」というフレーズを聞くと、思い出すのは「かっぱえびせん」・・そのメーカーといえば、カルビーです。そのカルビーが考えたのが、この企画。

以前、プロ野球チップスを初めて買って食べた話を投稿しました。その投稿に、カルビーがスキを贈ってくださいました。まさか作り手に読んでいただけると思ってなかったので、慌てました(笑)

かっぱえびせん・・と言えば、上の子が、いつの間にか“普通の”かっぱえびせんが美味しいって言うようになりました。

まだ1歳そこそこの時、小さい子用の4連の小袋のかっぱえびせんを与えていました。大きくなって食べなくなりましたが、今度は下の子に食べさせるようになっていました。

ある時、上の子にも一緒に食べさせてみたら「美味しくない・・」のひと言。

そんなことないでしょ・・と思って口に入れてみたら、確かに味が薄い。小さい子用は、塩味が薄かったのです。

それがわかるようになって、普通のえびせんが美味しいってなったことに、単純ですが成長を感じました。目下のところ、“じゃがりこ”が上の子の定番おやつ。

下の子は、だんだんと言葉が増えてきて、「べんべい(せんべい)、おいしー」と言いながら、小袋のえびせんを食べています。

じゃがりこは、下の子にはまだまだ固いのであげられませんが、それも束の間なのかもしれません。

いつのまにか、大きくなる子どもたち。

子どもの成長は、やめられないし、とまらないのです。


あなたの、やめとま話、きっとありますよね。


#やめとま話 #じゃがりこ食べながら書きました #子どもの成長 #えびせん #おやつ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
もつにこみ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 スキもコメントも、とても嬉しいです。サポートなんて、飛び上っちゃいます。 サイトマップもどうぞhttps://note.com/monbon/n/nfb1fb73686fd

いつもありがとうございます😊コメントもお待ちしてます。
平熱のエッセイスト。野菜、モンブラン、ひとり旅が好き。1982年生、妻と子2人(6歳と1歳)で東京都稲城市暮らし。育休経験あり。引越し屋から公務員に。毎日更新450日超えました。泣き虫。書くのが上手くなりたい。カルビー主催”ベストやめとま話”2021受賞