見出し画像

入院日程が決まらない!!

昨年のがん治療体験について書いていますが、
ようやく手術のはなし。


私は抗がん剤治療からの手術だったので、

「最後の抗がん剤治療が終わり、一ヶ月くらいしたら
 副作用も抜けますから、手術になります」


という説明を受けてきました。


で、私は去年の6月に最後の抗がん剤をやって、
7月に手術か〜試験とかぶると困るなー
(一応学生なので)
なんて思っていました。

しかし、「日程が決まったら連絡します」
と言われてから一切連絡がない。

7月が過ぎ8月も半ばを過ぎても
連絡が来ない…

これ夏休み終わっちゃうんですけど?!

しかも私、9月に旅行の予定入れてたんです。


いや入れるなよと思われるでしょうが、
しんどい治療をがんばったら旅行に行ける!というのが
モチベーションになっていたので、
なにがなんでもこの旅行は行きたかった。

あとついでにハマスタでベイスターズの試合のチケットも買っちゃった。

だってしんどい治療を(略)

あと、抗がん剤で小さくしたとはいえ、
病巣がずっと体の中にあるっていうのも
あんまり気分は良くないです。

というか、こんなにほっといてまた大きくなったりしないんだろうか??

でも連絡は来ないし…とヤキモキしていたら、
8月25日にようやく「9月4日に手術なので、その前日に入院です」
と連絡が来ました。

主治医からは「今手術がとにかく混んでいてお待たせしてすみません、
このくらいの期間が開いても
抗がん剤の機能が落ちるとかはありませんから」
と言われ一安心だったんですが、
この日程だと旅行とハマスタは諦めなきゃダメかな…と思い


「あ、あの〜来週野球観戦したくて、
 その次の週に旅行に行きたいんですが…」

流石にこれはダメって言われるかな…と思っていたら
主治医「あ、全然OKですよー」

いいんだ。

付き添いに来ていた親が「あんた馬鹿じゃないの?!行けるわけな、いいんですか?!」とコントのような反応していました。

主治医からは「たぶん手術の三日後には退院できますから、そのあとは普通に生活してくださって大丈夫です」

三日で退院?!はや!!という気持ちと、
わーいやったやったー!!
と大喜びでした。

ただ、主治医から麻酔科医にバトンタッチされ
手術の詳細な説明を受けていくと
・麻酔の管を噛んで歯が欠けるかも
・麻酔の失敗は確率は少ないがあり得る
・血栓ができないようにきつめのソックスを履く、
 血栓ができると命にも関わり
などの話をされ、かなりテンションは下がりました。


私の受けた手術は簡単なもの、と言われていましたが
それでも失敗のリスクはゼロではないです。

でも、「絶対旅行にいくし、ハマスタで平良選手のユニフォーム着て応援するんだ!!」と思ってなんとか乗り越えられました。

手術の話はこちらで書きましたが、
この日は筒香がホームラン打ったんですよね。
https://note.com/momoteramo/n/na1472c9e2218



そして、今年はコロナの関係もあり、余計に手術日程が読みにくくなっているようですね。


こればっかりは早くに収束を願うしかないです。。


結果として、手術は無事終わり、
旅行にも行けました。

そして、次の治療は放射線治療です。

こちらも副作用が出ないか不安だったんですが、
それよりキツかったのは別のものでした。

こちらはまた次回書きますね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

今後、闘病する方の心のケアなどの仕事につきたいと思っています。 そこで、大学に通いなおして心理学を勉強しています。 こちらでの支援はすべて学費や教科書代にしますので、 ご支援いただけたら幸いです!

また読みに来てくださいね
1
\横浜優勝/・カレー沢薫・フリーランス・若年性乳がん・社会人経由大学1年生
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。