見出し画像

【2020/11/26】 深発地震頻発エリアの「ハサミ」型を夢に見た~関東平野のおわん構造

■はじめに

この記事では、百瀬の定期購読マガジンの今週号で書いた、深発地震・異常震域の後で大地震が起きる傾向と関係したマリアさんの夢の意味を検討する。
また、マリアさんが提示した関東平野の「おわん構造」についても紹介して、地震発生との関係を考える。

今回もまたシンクロというか、2人で同じ頃に同じようなことを考えていた部分があり、やはり災害の危険性を示唆するもののようだ。

■【2020/11/23】まだ千葉が揺れそう

【マリア】やはり、来ましたね。
ただ、茨城地区でしたが 千葉に降りてくる感じがありまして、油断なりません

【百瀬注】来ましたね:2020/11/22 19:06の茨城県沖、M5.7、最大震度5弱の地震のこと。ちょうど千葉県・九十九里浜でハマグリ大量発生が起きていて、この地震の前兆だったのかという声も出ている。

画像1

【百瀬】そうだね。ハマグリの件もあるし。

【マリア】まだ、千葉方向に降りますよ。
注意していただきたい。
私は、関東の真ん中が凹んでいくのを視ていたんですが、関東って、臼みたいに凹み構造らしいと何かで見ました。

【百瀬】大変だ。真ん中というと首都直下地震とは別なのかな。

====無料購読エリアここまで====

この続きをみるには

この続き: 3,427文字 / 画像5枚
記事を購入する

【2020/11/26】 深発地震頻発エリアの「ハサミ」型を夢に見た~関東平野のおわん構造

百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願いします。家族を養う職業ライター・ブロガー・研究者なので、助かります。

スキありがとうございます。noteデビュー間もないですが、頑張ります。
13
地震前兆研究家、超常現象研究家、ノンフィクションライター、ブロガー。書籍『予言!天変地異』・雑誌『月刊ムー』・Web『TOCANA』など執筆。『探求三昧』等ブロガー暦15年。テレビや週刊誌でも紹介される。地震予知・予測・予言・スピリチュアル・健康関連のノートを公開中。妻はタイ人。

こちらでもピックアップされています

ヒプノセラピストマリアと百瀬直也の予言三昧マガジン
ヒプノセラピストマリアと百瀬直也の予言三昧マガジン
  • ¥300 / 月

『TOCANA』などのメディアでもおなじみの、オールマイティーな能力者ヒプノセラピストマリアと地震前兆・超常現象研究家・ライターの百瀬直也が、対話形式で、大地震・噴火・災害などの未来を予測・予言します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。