見出し画像

福島県沖地震発生時期の法則性を発見した~茨城県沖・宮城県沖・三陸沖もまだ要注意な訳

■はじめに

昨年頃から福島県沖で大きな地震が続いているが、その理由があるのだろうかと過去の地震データを詳細に調べてみたところ、新たな発見をしてしまった。

福島県沖周辺で大規模な地震は、無闇矢鱈と起きるわけではない。
地震の発生時期には、ある「法則性」があるのだ。

数日前、福島県沖で大地震が起きる傾向を過去の地震データから、ある顕著な傾向が見えてきた。

この傾向にもっと早く気づいていれば、今年3月16日に起きた福島県沖地震(M7.4、最大震度6強、犠牲者3人)も、事前にアラートを出せただろう。
もっと言えば、11年前の東北地方太平洋沖地震の前にも。

福島県沖ほど顕著ではないが、周辺の茨城県沖・宮城県沖・三陸沖でも同様の傾向があることが今回わかった。

いつものように、この研究結果を、このnoteマガジンの読者の方々に感謝の意を込めて、この場だけで公開することにしたい。

■重大な発見

====無料購読エリアここまで====

この続きをみるには

この続き: 3,987文字 / 画像14枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
他の科学者などの人々があまり着目しない観点も含めて、様々な要素を参考にして、地震予測の精度を上げています。このマガジンでは特に、短期的前兆などに着目して予測します。なるべく初心者にもわかりやすい表現を用います。また質問も受け付けます。

TVや週刊誌でもお馴染みの地震前兆研究家・百瀬直也が、黒潮の流路や気象現象など様々な要素を駆使して、首都直下地震・南海トラフ巨大地震などの…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー

よろしければサポートをお願いします。家族を養う職業ライター・ブロガー・研究者なので、助かります。

百瀬直也:地震前兆・超常現象研究家/ライター/ブロガー
地震前兆研究家、超常現象研究家、ノンフィクションライター、『探求三昧ブログ』等ブロガー。テレビ朝日『モーニングショー』、書籍『予言!天変地異』、雑誌『月刊ムー』、Web『TOCANA』など執筆。地震予知・予測・予言・スピリチュアル・健康関連のノートを公開中。妻はタイ人。