見出し画像

首都直下地震発生の傾向(2)満月・新月・日食・月食・スーパームーンと海洋現象と地震発生の関係


■はじめに

大正関東地震(関東大震災)発生から今年9月1日で100年経ったことを機に、「首都直下地震はいつ起きるか?」というテーマで、過去の南関東直下地震(首都直下地震)のデータを解析して発生時期を検討している。

前回は、過去の南関東直下地震の発生月、発生時間帯の傾向を過去データから探ってみた。

今回の第2回目では、満月・新月・日食・月食・スーパームーンなどの月齢に関わる天体現象と、エルニーニョ・ラニーニャ・ダイポールモード現象・黒潮などの海洋現象の発生状況から大地震の発生の傾向を探ることによって、次回の首都直下地震の発生時期の予測に役立つ情報を提供する。

今回の調査により、起きれば未曽有の国難となり得る首都直下地震の発生の傾向が見えてきた。

■エルニーニョ・ラニーニャ現象


====無料購読エリアここまで====

続きをみるには

残り 3,175字 / 8画像

¥ 350

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

よろしければサポートをお願いします。家族を養う職業ライター・ブロガー・研究者なので、助かります。