見出し画像

リモートワーク化して1年、SNSの力を借りて家での仕事スタイルを確立するまで

コロナ禍、と言われ出してはや1年が経過しました。

私の所属しているスパイスボックスがリモートワークを導入したのが、2020年3月27日のこと。2021年3月26日で、リモートでの勤務になってからちょうど1年が経過します。

緊急事態宣言が発令されたのが4月7日でしたので、世の中的には割と早めにリモートワークを導入した企業、ということを感じていました。
とはいえ何も準備が整っていない中で、いきなり「家で仕事してください」になってしまったので、当時は非常に焦りました。だって集中できないし。

集中力との対峙をどうにか避けて生きてきた系人類

昔から集中力の無さから来る先延ばし癖には非常に悩まされてきました。
夏休みの宿題は9月1日から始める、受験期でも家ではほぼ勉強せずにゲーム、などなど先延ばし癖人間あるあるも当然通ってきております。

基本的にどうにか集中する状態を作らなければならない場合、「場所を変えまくる」という作戦で乗り切っていました。
学生時代は自習室やカフェ、社会人になってからは会社のフリースペースや会議室などなど、最悪1時間ごとに場所を変えながら集中力を保っていたのですが、当時は外で仕事なんてアウトなご時世でしたので、どうにか家で仕事をするしかなかったのです。

とはいえ、もうアラサーにもなる人間が「集中できないので出来ません」などの言い訳をしてもポンコツ扱いされてしまうだけなので、どうにかして家での仕事スタイルを確立しなければなりません。

SNSの力で正解を探る

とはいえ集中力の無さを短期間で治すのは無理だと思っていました。根性論で治るなら多分もっと人生上手くいっているはずです。なので、集中力がないことを受け入れながら、家での仕事スタイルを確立させる必要があります。

真っ先に考えたのは、「周りはどうしているんだろうか?」です。
幸いなことに、スパイスボックスにはSNSにおける生活者行動データの分析メソッドに溢れているので、SNS上で日々集まるリモート集中術から最適解を探す、という職権濫用をしていました。

リモートワークでも仕事が進む2つの戦略

結局、SNSの力を借りながら、以下2つの戦略を編み出しました。
①デスクを自宅内のどこよりも居心地の良い場所に
②集中が切れる前にさっさとやるべきことを終わらせる

あくまでしがない1人のサラリーマンのやり方なので、胸を張って「これが正解だ!」などとは口を避けても言えないですが、なんとかこの1年間はこれで生きて行けている気がしています。

デスクを自宅内のどこよりも居心地の良い場所に

「リモートワーク」をテーマにした時に、SNS上で圧倒的に支持されていたトピックが、「自分のデスク紹介」でした。自分自身でカスタマイズしたアイテムをデスクに配置した様子を投稿する方が圧倒的に多いです。
つまりはそれだけ「自分のデスクが好きで、デスクにいるとテンションが上がる」ということです。

とりあえず集中できなくても、使っていて楽しく、居心地が良くなるアイテムを使っていれば、集中出来なくてもなんとかなるのでは、という理屈で、デスク周りにガンガン投資していきました。

(参考)リモートワークになって買ったものの一部(合計額とか計算できない)

椅子

外部モニター

キーボード

などなど・・・

これが意外と私には合っていたようです。あれだけリモート前は会社内をウロウロしていたのに、今は一日中デスクの前にいます。気分は乗らないけど、とりあえずデスクには座って、ディスプレイは点ける、という習慣ができたからかもしれないですね。

集中が切れる前にさっさとやるべきことを終わらせる

ある意味リモートとか関係なく、当たり前かもしれないですが、リモートワークを機に非常に支持されていた考え方です。特に集中できる時間に、さっさと一番大事な仕事を終わらせ、あとは集中が続かなくともできるお仕事を片付けていく、という考え方です。

特に「PC操作の生産性UP」などは非常に多く語られています。実際にやってみた中で、今も続いているものとしては、

①ブラインドタッチ

至極当たり前ですが前は全然できなかったんです。ただ2週間位無理矢理手元を見ることをやめた結果習得できました。実は一番スピートUPに貢献してるかもしれない。

②PC操作でなるべくマウスを使わない

なるべくマウスを使うことを辞めて、ショートカットキーを頑張って覚えていっています。特にExcel操作で生産性がめちゃめちゃ上がりました。本当はPowerPointでマウス使うことやめたいけど、なかなかできないし、多分無理なのでは、と思っています。

結局一番良いのは1つ1つのクオリティを上げて戻しが来ないものを作れるようにする、という身も蓋もないものになってしまうのですが、、、

リモートの方が仕事が捗ってしまう

この2つの作戦で日々仕事に取り組んでいった結果、割と集中力への悩みが解消された気がしています。
もはや「家で仕事をするのが一番捗る」という結果にまでなったので、割とこの1年でやっていたことは間違ってなかったのではないかなと思います。
おかげさまで1ヶ月に1回も会社に行かないくらいになってしまったのですが、特に滞りなく業務が進められております。(周囲の皆さんにも感謝)

今後も続くPDCA

一方で今の環境に満足しているかと言われたらそうでもなく、整ったら整ったで別の課題も出てきています。
何より家から出なくなって、体重が。。。

(とある平日の徒歩数、驚愕の351歩)

画像1

次はダイエットスペースもお家に確保しないといけないかもしれないので、そろそろ引っ越すことになりそうです。

それでは。

この記事が参加している募集

買ってよかったもの

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
8