MOLOCO:TAGグローバル・ブランド・セーフティ認証を取得
見出し画像

MOLOCO:TAGグローバル・ブランド・セーフティ認証を取得

MOLOCOは、厳密に基準をクリアする事で、この度Trustworthy Accountability Group(TAG)のグローバル・ブランド・セーフティ認証プログラムに参加する運びとなった事をお知らせします。

Global Brand Safety Certification Programは、グローバルなデジタルディスプレイ広告市場の透明性を高めることを目的としています。これにより、広告主は、自社の広告が適切な視聴者に届き、ブランドや評判を損なう可能性のあるコンテンツとは無縁であるという安心を得る事が出来ます。

TAG Brand Safety Certification Programは、デジタル広告業界全体が直面している広告詐欺やブランドセーフティーに関する幅広い問題に対処するための新しいグローバルプログラムです。

このプログラムの目的は、企業によるブランド保護への取り組みを示し、広告パートナーが、安全でない広告掲載のリスクを減らす為に、必要な措置を講じていると確認する事です。これにより、広告主は自社のブランドが安全なのかを明確にする事が出来ます。

今回の認証取得は、MOLOCOがこの問題にどれだけ真剣に取り組んでいるかを示すだけでなく、ブランド広告主の広告掲載ミスのリスクを最小限に抑える事に、貢献するブランドセーフティプロセスを開発し、実行するという私たちの絶対的なコミットメントを強化するものです。

TAG社のCEOであるマイク・ザネイス氏は、「混乱と犯罪的行為の増加が続いた1年、世界の主要なデジタル広告会社は、安定性、継続性、ブランド保護のためにTAGの基準に注目し、サプライチェーンのパートナーにも、同様の高い基準を求めるようになりました。それは、世界のほぼ全ての市場や業界で、TAGがビジネスを行う上での必須条件となった、転換点となる年でした。私たちは、今年の勢いをさらに加速させる為に、基準を引き上げ、グローバルな活動をさらに拡大して、悪質な業者をブロックし、すべての広告主にとってブランドセーフなエコシステムを構築する事を計画しています。」と述べています。

TAG Global Brand Safety Certification Programを遵守しているグローバル広告会社の全リストはこちらでご覧いただけます。Amazon、Facebook、Google、Twitter、Spotify、Walmart、TikTok、Samsung、eBayなどの企業が含まれています。

MOLOCOの強力なプログラム・バイイング技術と機械学習により、広告主は最も質が高い新規顧客を獲得し、ブランドセーフティな環境において魅力的な広告フォーマットを使用し、大規模にターゲットオーディエンスにリーチすることができます。MOLOCOは、信頼性の高いモバイルファーストの広告プラットフォームを求めるアプリマーケター、ブランド、代理店、テクノロジープラットフォームに完全なソリューションを提供します。

広告主の皆様には、MOLOCOがどのようにブランドセーフティに取り組んでいるかを、ブランドセーフティポリシーでご紹介しています。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MOLOCOは膨大なデータと機械学習技術を元に、世界で75億人分のデバイスに最適化されたモバイル広告を配信しています。