佐藤純平

天然パーマのようにゆるりと生きている人。様々な職を転々として、現在はwebライター兼webディレクターしてます。ふらふらと散歩して、公園でぼーっと日向ぼっこするのが好き。書くこと、哲学、あと、たまに、ほんのちょっぴりいいことつぶやきます。お腹を壊しがち人間。
    • LINDAの住人日記
      LINDAの住人日記
      • 3本

      「LINDA HOSTEL 106」に住み込みをしているスタッフが綴る日記。

    • 〇〇とのこと
      〇〇とのこと
      • 4本

      本と音楽、私と旅、私とあなた…何かと何か、誰かと何か、誰かと誰か、など関係性に焦点をあてた書かれたエッセイを載せるマガジン。

    • ただの日記
      ただの日記
      • 14本

      じゅんぺーの日記を綴っていきます。

固定された記事

佐藤純平のプロフィールとライター実績&執筆事例

ご覧いただきありがとうございます!ライターの佐藤純平と申します。 簡単なプロフィールと、これまで制作に携わった記事などを下記へまとめました。お仕事をご相談いただ…

お局さん

「アンタ、今日締め切りのやつもうやったん?」 上司はいつもぼくのことを「アンタ」と呼んでいた。 「いや、まだっす。いまからやります。すみません」 上司はベテラン…

どうでもいいこだわりを認め合う

「ひゃっ」 とたぶん30歳独身男性が出してはいけないような声を出してしまうときがある。「どこからそんな声出てきたの?」とsiriに尋ねても、「私にはどうお答えすればい…

世界からおじいちゃんが消えたなら

休みの日に、なんの気なしに映画を見ていた。どうして見たのかはわからない。ただその日に限って、気になって見ただけだった。 ぼくが見た映画は『世界から猫が消えたなら…

拝啓、ぼくの文章を「読みたい」と言ってくれたあなたへ

拝啓、ぼくの文章を「読みたい」と言ってくれたあなたへ。 あなたは、ぼくの文章を読みたいと言ってくれた、あの日のことを覚えていますか? あなたが覚えていなくても、…

西洋の魔女にアフロにされて気づいた、ライターとしてあるべき姿勢

アフロになったことがある。 アフロになりたかったわけではない。不本意ながらアフロになった。美容室に行ってパーマをあてたら、アフロになった。たぶんこの先一生忘れな…