佐藤純平

様々な職を転々として、現在はwebライター兼webディレクターしてます。ふらふらと散歩…

佐藤純平

様々な職を転々として、現在はwebライター兼webディレクターしてます。ふらふらと散歩して、公園でぼーっと日向ぼっこするのが好き。バトンズの学校1期生。greenz.jp第2編集部(GCC)所属。毎日、日記を投稿しています。今年こそ猫背を直したい。

最近の記事

  • 固定された記事

佐藤純平のプロフィールとライター実績&執筆事例

ご覧いただきありがとうございます!ライターの佐藤純平と申します。 簡単なプロフィールと、これまで制作に携わった記事などを下記へまとめました。お仕事をご相談いただく際のご参考にしていただければ幸いです。 プロフィール佐藤 純平(さとう じゅんぺい) 1990年8月1日生まれ。山梨県甲府市出身。2013年に和歌山大学観光学部地域再生学科を卒業後、大手予備校に入社。進路指導の経験を経て、2016年に農業見習いとして和歌山県の農家さんの元で働く。その後、2018年にフリーランス

    • ゴールデンウィーク。

      連休の中でも、ぼくはゴールデンウィークが特に好きだ。 まず、名前がかっこいい。ゴールデンなんて、イカしているじゃないか。金色はトップの証だ。名前だけで、特別感がある。秋にシルバーウィークというものがあるが、ゴールデンの方が明らかに格上。もう名前だけで他の連休に勝っている。それに季節もちょうどいい。暑くもなく、寒くもない。出かけるにはぴったりである。晴れていれば、バーベーキューをしたい。浜辺で肉を焼き、昼から酒を飲み、テンションが上がったら裸足になって、海へ。冷てぇ! なんて

      • バンドマンのように文章を書きたい。

        楽しそうに楽器を演奏するバンドマンに憧れる。ギターから、ベースから、ドラムから、マイクから、思い思いの音を奏で、気持ちよさそうにしている姿がまぶしい。 「あの人にはいまどんな光景が見えているだろう」ステージに立つバンドマンと同じ景色を眺めてみようと、必死に想像してみるけれど、わからない。山のてっぺんにいるような、いや、それよりも遥か上空にいるような、手を伸ばしても決して届かない場所で、身体を揺らし、心から湧き上がる感情を音に乗せ、「音楽」をするあの人たちが、羨ましくて堪らな

        • 穏やかな日常も。

          さもしい奴だなと思う。傲慢と言ってもいいし、強欲だとも言える。とにかく、穏やかな日常が過ごせていることにある程度の満足感があるものの、何かが足りないようなそんな気がしてしまうのである。 昔、人生をサーフィンに例えた人がいた。 「波が行ったり来たりそれをどう乗りこなすのが人生だ。小さい波であれば、なんなく乗りこなせられるはず。けれど、それに慣れてくると大きな波を待つようになる。失敗することもある。それでも何度も挑戦する。そして、自分の身体の何倍もある波を乗りこなすことができ

        • 固定された記事

        佐藤純平のプロフィールとライター実績&執筆事例

          買い替えどき。

          メガネ歴が15年ほどになる。寝るとき以外は常に一緒。もうほぼほぼ、身体の一部みたいなものだ。 そんなメガネを新調したいと少し前から思っているのだが、なにせ理由が見つからない。ただの気分で、買い替えたいだけなのである。これまでにも何度かメガネを替えてきたけれど、それはレンズの度が合わなくなったという明確な理由があった。いまのメガネは、レンズの度もまだ合っている。フレームが歪んでいるわけでもない。ただもう5年近く使っているから、そろそろ替えてもいいかな程度に思っているのだ。服の

          買い替えどき。

          鬱。

          「鬱」という漢字が世界で一番かっこいい。画数が多いし、書くのが難しいし、なんかカクカクしている見た目がいい。 小学生の頃、本気でそう思っていた。何がきっかけだったかはさっぱり覚えていないが、辞書からとにかく難しい漢字を探し出し、書けるようになって、みんなに自慢しようと考えたのだった。辞書で「鬱」という漢字を見つけたときには、「これだ!」と興奮した。書けるようになった自分を想像すると、ニヤついた。辞書には意味も載っていたはずなのに、そんなところには目もくれず、とにかく世界で一

          アウトドア派からインドア派へ。

          じっとしていられない子どもだった。とにかく動きたい。大好きなゲームも1、2時間が限界。晴れていればとりあえず外に出て、体を動かす。そうしないと、身体の中に溜まったエネルギーをうまくコントールできないような気がしていた。生粋のアウトドア派と言っていい。 大学を卒業するまでは、そんな性質がずっと続いた。考えるよりも行動。本を読むことよりも、動画を観ることよりも、どこかへ行ったり、人と話したり、自分の足を使って体験することを好んだ。初めてのことで、少々勇気がいるようなことでも果敢

          アウトドア派からインドア派へ。

          肩こり。

          ひどい肩こりに悩まされている、と自分では思っている。主に肩甲骨周りというか、肩がガチガチに凝っていて、常に違和感がある。岩というと大袈裟だが、大きめの石が肩に乗っかっているような重みがあり、首も痛い。血がうまく巡っていないのか、頭も痛い。おそらく原因は、姿勢の悪さ。もしくは運動不足というか、長時間同じ体制で過ごしていること。ストレッチやヨガなどをして、もっと意識的に動かさなければならないのだろう。 あまりにも調子が悪いときには、マッサージ屋さんや整体に行く。「どこが調子悪い

          肩こり。

          プレゼント上手。

          お仕事でお付き合いのあるかたと、半年ぶりぐらいにお会いした。今日お会いしたのは、仕事の相談というわけではなかった。お相手が大阪から東京に引っ越してしまうので、お互いの近況報告も兼ねて、お茶をしましょうとのことだった。 2時間ぐらいざっくばらんに話をしたのだが、そろそろ帰りますかというときに「いつもお世話になっているので、よかったら」と言って、相手が小袋をこちらに向かって差し出してきた。大阪で人気のパティスリー「ACIDRACINES」の焼き菓子であった。「いつもお世話になっ

          プレゼント上手。

          鰻重食べる、だって大人だもん。

          あれは小学生の頃だったか。家族で鰻を食べに行ったときのことである。外食なんてほとんどしない家庭だったし、ましてや鰻屋さんに行けるなんて滅多にないことだから、テンションがものすごく上がっていた。メニュー表を開くと、筆で書かれたような達筆な字で鰻重と書かれていた。 母親だったか、祖母だったか、わくわくうきうきとはしゃぐぼくを静めるように「あんた、一人で食べきれる? わけわけするけ?」なんて訊いてきた。それに対してぼくは少し声を荒げて「鰻重食べる、だって大人だもん」と返事をした。

          鰻重食べる、だって大人だもん。

          しわ、しみ、白髪。

          おでこにうっすらと皺ができている。横に5mmほど伸びた皺が2、3本。いつからできたのかはさっぱりわからない。もしかしたら若かりし頃からずっとあったのかもしれないし、つい最近できたのかもしれない。目の下にはうっすらとしたシミもできている。これも同様にいつごろできたものかは定かではない。ただなんとなく増えたような気がするし、増えてなくても気になるようにはなってきた。皺もシミもきっと、今後どんどん増えていく。努力をすれば少しは減らせるかもしれないが、歳をとっていくのだからある程度は

          しわ、しみ、白髪。

          散歩日和。

          「フルマラソンを完走した自分ならば」という驕りのようなものがあったのだろう。1時間ほど歩いただけで、ヘトヘトになったことに多少のショックを受けた。1週間、仕事が立て込んでおり、ほとんど外に出ていなかったので、散歩でもしようとこれまでに一度も降りたことがない駅で降り、家に向かって歩き出したのだった。家の最寄駅からは5駅以上も離れている。さすがに家まで帰るのは難しい。できるだけ歩いて、疲れたなと思ったら近くの駅に行き、電車で帰ろうとゆるい計画を頭の中で立てていた。 土曜日で、晴

          散歩日和。

          サプリメント。

          コンビニで昼食を買うときに、サプリメントが売られている棚の前で足が止まった。身体がしんどい、何か必要な栄養素が不足しているのではないか。そんな不安の塊のようなものが自分のどこかにあったのだろう。亜鉛と鉄分の2種類のサプリメントに手が伸びた。 食生活を改善しなければと思い始めたのは、もう5年以上も前になる。20代は気にせずに好きなものをぱくぱくと食べていたが、30歳を目前にしてこのままではやばいのではと省みるようになった。そして、白米だったのを玄米に変えたり、白湯を飲んでみた

          サプリメント。

          4/11(木)曇り。

          「最近、外に全然出ていないんすよ」 彼女できたの? と相手訊ねられ、そう返事をした。もともとは仕事の相談で連絡をくれたのだが、話題はプライベートなことに移っていた。 「出会いなんて全然なくて」 新しい人はおろか、友だちすら会っていない。2週間前、フルマラソンに出たときに友だちと会ったのが最後である。それ以降、誰とも会っていない。散歩に出てすれ違う人はもちろんいたけれど、立ち止まって何かを話すようなことはない。話したのは基本的に仕事関係の人。それもオンライン上だ。そう言え

          4/11(木)曇り。

          本を読んでいるときに浮かぶ絵のようなもの。

          小説を読んでいた。ノワール小説である。犯罪に手を染める主人公とその関係者。情景描写や心情描写を読んでいると、頭の中にぼんやりと絵が浮かんでくる。怒りで震える身体。かたく握り締められた拳。怒号が飛ぶその顔は紅潮しており、眉間に皺を寄せ、大きく開けた口から衝撃波のような声が飛んでくる。フィクションであるから、もちろん本に出てくる人物で会ったことがあるはずもないのに、ぼんやりと自分の中に浮かぶその人物は一体誰なのだろう。おそらく記憶。自分が過去に体験した似たような状況を思い浮かべて

          本を読んでいるときに浮かぶ絵のようなもの。

          春うらら。

          秋か、と思うぐらい今日の大阪は寒かった。 朝から曇天模様。いつ雨が降ってもおかしくないような鼠色をした分厚い雲。数日前に満開に咲いた桜が冷たい風に揺られていた。ピンク色に染まる地面を見ながら歩く。コートを着ている人もちらほらいる。散歩に出たはずなのに、ろくに歩きしないうちに、足早に家に帰った。 春は穏やかというイメージはどこから来たのか。たしかにのどかで爽やかな日もあるにはあるけれど、どちらかと言えば不安定な季節ではないか。ぽかぽかと暖かい晴れた日が来たと思えば、次の日に

          春うらら。