佐藤純平

様々な職を転々として、現在はwebライター兼webディレクターしてます。ふらふらと散歩して、公園でぼーっと日向ぼっこするのが好き。バトンズの学校1期生。greenz.jp第2編集部(GCC)所属。毎日、日記を投稿しています。今年こそ猫背を直したい。

佐藤純平

様々な職を転々として、現在はwebライター兼webディレクターしてます。ふらふらと散歩して、公園でぼーっと日向ぼっこするのが好き。バトンズの学校1期生。greenz.jp第2編集部(GCC)所属。毎日、日記を投稿しています。今年こそ猫背を直したい。

    最近の記事

    • 固定された記事

    佐藤純平のプロフィールとライター実績&執筆事例

    ご覧いただきありがとうございます!ライターの佐藤純平と申します。 簡単なプロフィールと、これまで制作に携わった記事などを下記へまとめました。お仕事をご相談いただく際のご参考にしていただければ幸いです。 プロフィール佐藤 純平(さとう じゅんぺい) 1990年8月1日生まれ。山梨県甲府市出身。2013年に和歌山大学観光学部地域再生学科を卒業後、大手予備校に入社。進路指導の経験を経て、2016年に農業見習いとして和歌山県の農家さんの元で働く。その後、2018年にフリーランス

    スキ
    43
      • 恋人よ、君は旅立つ。

        太田裕美さんの『木綿のハンカチーフ』。初めて聞いたのは、いつだっただろう。たぶん何かのテレビ番組だ。昭和の名曲ベストなんちゃらみたいな音楽番組で流れていた気がする。まさか自分が歌詞のような状況になるなんて思ってもみなかった。 今日、恋人が東へと旅立っていった。東京の会社へ転職したからだ。列車ではなく飛行機で行くというので、大阪空港へ見送りに行ってきた。「都会の絵の具に染まらないで」なんて言うほど、大阪は田舎ではない。ただなんとなく、別物のような気がして、東京に染まらないでほ

        スキ
        2
        • 飲み会で得ていたもの。

          夕方頃に「今日はこのネタでnoteを書こう」と思っていた。それなのに、全くそのネタが思い出せないでいる。だからこうして、「何を書こうか忘れてしまった」というnoteを書いている。浮かんだアイディアのようなものは、泡のようにパッと破裂して、どこかへ消えてしまった。 自分の感情や思いなども一緒で、たしかにあったはずのものがすぐに消えてなくなってしまう。特にネガティブなものに関しては、「忘れよう」と意思が働くことで、より早く消える気がする。だからこそ、味わうことが重要だ。そのとき

          • 早いですね、1年が経つのは。

            「もう今年も残り1ヶ月ですね、早いですね、1年が経つのは」と会う人、会う人に、口癖のように言っている。いや、もはや口癖だ。言っている自分自身が聞き飽きている。言わなくてもわかっているじゃないか、とはいえ、言いたくなるぐらい1年が経つのは早い。 と書いてみたものの、本当に1年が経つのは早いのだろうかと疑問が浮かんだ。改めて考えてみると、そうでもない気がする。それなりに色々なことがあって、それなりに忙しかった。やっと1年間生き抜くことができたと思う気持ちもないでもない。がんばっ

            スキ
            3

            どれだけ書き続けても。

            毎日noteを書くようになって、300日が経った。とにかく続けることだけを意識して、内容は特に気にせず書いてきた。始めた頃となにかが変わったかと言われると、特に実感はない。何を書くか、いつも迷っているし、文章が上手くなったとも思わない。フォロワーが大幅に増えたわけでもないし、いいねの数は大体一桁だ。もちろんnoteのおかげで仕事につながったといったこともいまだにひとつとしてない。 たまに自分でもなんで書き続けているのだろうと不思議に思う。けれど、300日も続けているからか、

            スキ
            16

            お菓子、すき。

            『すずめの戸締まり』を観てきた。詳細な感想はまた別の機会に譲ろうと思う。とりあえず、2023年も生きようと思った。過去にとらわれず、いまを生きようと。きっと明るい未来がやってくるはずだから。 映画を観るに当たって、しお味のポップコーンのMサイズとジンジャエールのMサイズを買った。受け取ったとき、「Mサイズってこんなにでかかったっけ?」とびっくりした。彼女と2人で食べきれるかなと心配になった。 予約していた席につき、早速ポップコーンを2つ、3つ掴み、口へ放り込む。うまい。手

            スキ
            4

            顔が曲がっているよ。

            小学生のときだったと思う。「顔が曲がっているよ」と言われたことがあった。自分ではまっすぐ前を向いているつもりなのだが、顔は左側に少し傾いているらしい。写真を撮るときなんかは特に顔の傾きを指摘された。 その後も、何度も「顔が曲がっているよ」と言われることがあった。友だちと対面でご飯を食べているときにふいに言われたり、就活用の写真や車の免許証の写真を撮るときに指摘されたりした。 今日、整体に行ってきた。やっぱりそこでも「顔が左側に傾いていますね」と言われた。整体師さんがぼくの

            スキ
            3

            些細なことも綺麗だと思える人は、心も綺麗だ。

            「めっちゃ手が冷たいんだよね」と言うと、「手が冷たいのは心が温かい証拠だよ」と言い返されたことがある。優しい嘘だと思う。真相はわからないが、たぶん間違っている。単なる冷え性だ。 これと同じように嘘なのは重々承知だが、「些細なことも綺麗だ」と思える人は、心も綺麗だ説を唱えたい。燃える夕日や道端に咲く花など、簡単に見ることができるものに対しても、美しいという感情を抱ける人。そういう人はたいてい心も綺麗だ。 嘘だと言ったのは、心が温かい人も、心が綺麗な人も、反対に、心が冷たい人

            スキ
            2

            自然と太れる人にぼくの気持ちがわかってたまるか。

            「いっぱい食べるね」と女性に言ってしまって怒られたことは何度もあるが、「いっぱい食べるね」と言われたことはほとんどない。飲み会のときに、お菓子をぼりぼり食べていたら「いっぱい食べるね」と言われたことはある。お菓子ならいくらでも食べられるぐらい好きだ。 いっぱい食べられることも才能のひとつだと聞いたことがある。とても羨ましい才能だ。どれだけ美味しいものでもたくさん食べるとお腹を壊す。次の日がしんどい。ぼくは、紛れもない少食だ。 高校生の頃に野球をやっていて、「そんなに細い体

            スキ
            5

            普段話せないようなことを話せる時間。

            自然体な生き方を考えるメディア「ソラミド」で、ラジオ収録を2週に一度行っている。編集後記やソラミド編集部の内情なんかについて話すこともあれば、編集部員が気になったテーマで話すこともある。今日はその収録日で、「死生観」や「お金」について話した。 「死生観」「お金」というテーマで、誰かと話すことはあるだろうか。ぼくはない。友だちとも、家族とも真剣に話したことはない。とても扱いづらいテーマだと思う。「死ぬこと」「生きること」「お金」の話なんて友だちとすれば、その場が冷めてしまう気

            スキ
            2

            500円のお弁当。

            週に3日ぐらいは行くお弁当屋さんがある。お弁当の値段は400円から600円ぐらいだ。唐揚げ弁当、とんかつ弁当といった定番のものから、にくじゃが弁当、オムライス弁当など少々珍しいものも売っている。おかずもたっぷりと入っているし、ごはんの大盛りも無料だし、自炊が苦手なぼくにはもってこいのお店だ。あめちゃんをひとつおまけにくれるのもポイントが高い。 お弁当をむしゃむしゃと食べながら、儲かっているのだろうかと余計すぎる心配をしてしまった。肉じゃがの大きなじゃがいものを掴みながら、「

            スキ
            2

            歩く。

            ライターとして働いているからか、気づいたらほとんど歩いていない日々を過ごしている。家から出ない日なんてひどいもんだ。数えたことはないけれど、1,000歩も歩いていない気がする。せめてもの運動と思い、散歩に出かけるが20分、30分ほどで帰宅する。誰が決めたのかさっぱりわからない健康論である1日1万歩にはほど遠い。 今日カフェで一緒に仕事ををしていた友だちと歩きながらそんな話をしていた。 「歩くのは健康にいいらしいね」 「最近、めっちゃ散歩しているんすよ。ここ最近で一番散歩

            スキ
            3

            飽きが来たから、移住を考える。

            関わりのある人が次々と移住をしている。関西から四国や中国へ、関東から中部へ、仕事の都合やパートナーの都合で。ぼくの彼女も転職をした関係で、大阪から東京へ引っ越すことが決まっている。いま引越し先を探しに東京へ2週間近く行っている。これだけ「移住」の話を聞いているからか、自分もどこかへ移動してもいいかもなとぼやっと考えていたりする。 これまでに引っ越しは10回以上してきた。30代前半の男性にとって、それが多いのか少ないのかは知らないが、自分では結構な頻度で移動しているように感じ

            スキ
            6

            人生の握力。

            Repezen FoxxのDJふぉいさんが「人生には握力が必要だ」みたいなことを語っていたのをYouTube動画で観た。チャンスを掴む、運を掴む、人の心を掴む。握ったものを離さずにいられる人が、何かしらで成功をおさめることができるのだと。とても秀逸な表現だなと思った。 これは誰に聞いたのか忘れてしまったが「チャンスは誰にもでも等しくやってくる」のだそうだ。チャンスが来るかどうかではなく、来たチャンスを掴めるかどうかで人生は変わるのだと。つまり、握力が必要だということだろう。

            スキ
            3

            どうにかなる、という感覚。

            どうにかなる、という感覚が年々薄れている気がする。逆にどうにもならない、という感覚ばかりにとらわれている。「人生はままならない」と嘆く人はたくさんいて、ご多分に漏れず自分もそう思っている。 モラトリアム期間と呼ばれる大学時代。どうにかなる、という感覚が強かった。テストやレポートがあっても一夜漬けでどうにかなると思っていたし、お金がなくなっても友だちに頼ればどうにかなると思っていた。いま思うと、すごくだらしない。ただどこかちょっと羨ましさもある。あのときみたいに、無鉄砲に生き

            スキ
            4

            体よ、柔らかくな〜れ。

            信じられないと思う人もいるかもしれない。柔軟剤を数年ぶりに使った。洗濯機の中に洗剤と一緒に入れるあれだ。そんなに変わらないだろうと浅はかな考えのもと、ぼくは柔軟剤を避けてきた。洗剤だけでいいと思っていた。今日、考えを改めようと思う。柔軟剤は必要だ。洗濯して乾かしたタオルや衣服などが驚くほど柔らかい。それにずっとかいでいたいほどいい匂いがする。柔軟剤さまさまだなと思った。柔軟剤の力を甘く見ていた昨日までの自分をぶん殴ってやりたい。 こんなに洗濯物が柔らかくなるならと思い、「体

            スキ
            1