見出し画像

今週の日記|書くことがないときは恥ずかしかった話を書くといい

1月29日 セルフレジ

バタバタしたというほかは特筆すべきこともない一日。
書くことがないときは、恥ずかしかった話を書くといい。たしか死んだじいちゃんもそう言っていたっけ。ウソですけど。

いま、たいがいの大きめのスーパーにはどこもセルフレジが導入されている。セルフレジの便利なところは「非接触」、ではなくて、個人的には、なんといっても財布にたまった大量の小銭を一気に処理できることにある。

精算のとき、まずはなにも考えずに小銭から放り込む。端数を合わせようとか、そういうみみっちいことはこの際考えない。ありったけだ、ありったけ投入するのだ。あとは不足分を紙幣で支払うだけ。計算はあっちが勝手にやってくれる。

セルフレジでたまった小銭を一掃する習慣が身につけば、パンパンにふくれあがった財布はいったんリセットされ、ポケットに入れてもズボンがずり下がることはなくない。すばらしい。

とはいえ、ひとつだけ気をつけなければいけないことがある。

ある日のこと、その日もなにも考えずにじゃらじゃら小銭を投入口に放り込んでいたのだった。4、5枚ずつザラザラと、だ。

すると、どうしたわけか機械がストップし画面に「係員を呼んで下さい」とのメッセージが現れた。さては、小銭の受け入れ容量がパンクしたか……。

しばらく機械を開け覗き込んでいた店員が、「ああ、コレですねぇ」と言って見せた手のひらの上には、よく観光地などで売られている「お財布の中に入れておくとお金がふえる干支」が。しかも、2個。

平謝りオールナイトロング。

スクリーンショット 2021-01-06 11.27.03

この続きをみるには

この続き: 3,930文字 / 画像1枚
記事を購入する

今週の日記|書くことがないときは恥ずかしかった話を書くといい

岩間 洋介|moicafe.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
10
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2021年春に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。