新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

195.星新一の「未来」を生きている。

東京は梅雨寒である。気持ちのよい涼しさではないものの、とりあえず気温が低いのは助かる。マスクをしているのが楽だから。

ほとんどの昭和の小学男児と同様、ぼくも子供時代は星新一に夢中だった。長い小説は、イナゴや天ぷらそばや野だいこが登場する『坊ちゃん』しか読めなかったが、星新一はショートショートなので楽しく読めた。

なによりエヌ氏やボッコちゃんが闊歩する未来は、希有壮大なSFの世界とは異なり、もしかしたら大人になった自分が遭遇するかもしれない身近な未来、近未来の夢想譚として親しみが感じられるものであった。

それに、風刺や皮肉に満ちたブラックユーモアも、それが小学生の自分にどこまで理解できていたかはともかく、身近にある何よりも粋で洒脱だった。星新一のショートショートが、落語ミーツSFであると理解するのはずっと後のこと。じっさい、星新一が書いた落語はレコードにもなっている。

とはいえ、やはり当時の小学男児にヒットした理由はなんといっても物語のなかに登場する魅惑的なガジェットの数々であったろう。テレビ電話、パイプを通じていろいろなグッズが運ばれてくるボタンがたくさんついた機械、電気で走る自動車、食事をしなくても十分な栄養が摂れる赤や青の錠剤……。

子供のころ夢に見たこれらガジェットの数々も、しかし気づけばその多くが現実となっていることにいまさら驚かずにはいられない。オンラインで飲み会をし、インターネット経由で買ったものが翌日には自宅まで届けられる。ドラッグストアに行けば陳列棚にはマルチビタミンやさまざまな栄養補助食品が並び、気分よく散歩しているといつのまに音もなく近づいてきたプリウスに轢かれそうになるといった具合。

どうやら、ぼくらはすでに知らず知らずのうち星新一の描いた「未来」のさなかに生きていたらしい。そしていざ実現してみると、案外「未来」なんてつまらないものだという気にもなる。子供のころのあのワクワク感はどこに消えたのだろう?

その一方で、しかしやはりぼくらはいま、もうひとつ別の意味で星新一的未来を生きているという気がする。それは、あのピリッと辛いブラックユーモア的状況であり、もちろんその要因は新型コロナウイルスである。

見えないウイルスのため、すべての人がマスクなしでは外を歩くことすらできない世界なんて、まるで「星新一的」としか言いようがないではないか。このあいだも友人と話をしたのだが、どうせマスクをするのだからとちょっとした外出ならノーメイク、無精髭も気にならなくなったのは2020年の新しい生活様式と言ってよい。2019年には、まさかこんな「未来」がやってくるとは思いもしなかった。

では、この先の世界を星新一ならどのように予測するだろう? マスクが、パンツと同様つねに着用するのが当たり前となった結果、口という「穴」は心を許した相手にしか見せられないようなエロティックな器官となってゆくのかもしれない。

あるいは、だんだん退化(進化?)して、からだの露出していない安全な部分にもうひとつの口がつくられるのかもしれない。ヘソで食べたり、愛の言葉をささやいたりする未来。そういえば、腕にこぶみたいな顔ができる物語がすでにあった気がする。

数十年後、テレビで評論家が政治的軋轢から生じた世界経済の危機的状況について深刻な面持ちで「へそ」で語っている様子をみても、やはりぼくらは実現してみるとこんなものかとやけにつるっとした顎を撫でながら退屈に思ったりするのだろうか。

この続きをみるには

この続き: 0文字
記事を購入する

195.星新一の「未来」を生きている。

岩間 洋介/「Moi」代表

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
11
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。