見出し画像

カフェに身をやつす居場所づくり

サード・プレイスとは、社会学者レイ・オルデンバーグによると

「とびきり居心地のよい場所(Good Great Place)」

「人びとがほかのどこよりも自然体でいられる集いの場」

「中立領域」

「庶民の治療薬」

「利己主義と利他主義の完璧な融合」

ということになり、その例としてイギリスのパブや、フランスやオーストリアのカフェ、あるいはリバーパークというアメリカの小さな町にあったメインストリートといった例を挙げている。つまり、

家とも職場とも異なる第3の居場所

ということだ。

オルデンバーグには知る由もないだろうが、落語を聴くひとには、銭湯や床屋が江戸の庶民たちにとってまさにサード・プレイスであったことを思い出すにちがいない。また、フィンランド人だったらサウナをサード・プレイスとして挙げるかもしれない。

ただし注意しなければならないのは、

みずから居場所であることを標榜する場所は居場所たりえない

ということである。居場所と言われたところで、居場所って何をするところですか? とたいがいの人は首を傾げてしまうからである。したがって、居場所はありふれた姿に身をやつす必要がある。

居場所は、誰でも気軽に訪れることができ、強制力は一切なく、帰りたいときに帰ることができ、なんの貸しも借りも生じないことがたいせつである。ぼくらMoiが主宰する居場所が、「喫茶ひとりじかん」という「喫茶店」の姿に身をやつしているのはそのためである。

ところで、オルデンバーグは、最良のサード・プレイスとは「男性だけか女性だけのたまり場」であると言っている。そもそも

誰もが居られる場所などありえない

そのため、オルデンバーグは、共有している部分が多くリラックスでき、異性を意識して会話の内容をセーブする必要もない同性同士のコミュニティこそが「良いサード・プレイス」たりうるとかんがえた。

ただし、そのあたりは現代ではずいぶん事情が変わってきているように思う。実際、個人的には同性同士による体育会系ノリや男子校ノリ(男子校出身ではあるが)はむしろ苦手だったりする。

この世界にはじつにさまざまな人びとが存在するが、性差や世代を問わず、少しでも価値観を共有している者同士が集える場こそがこの現代にあっては最良のサード・プレイスたりうるのではないだろうか。

誰もが居られる場所をかんがえるより、誰かが居たいと思える場所をそこかしこに作ること

喫茶ひとりじかんは、いまはまだ月に一度、ひとつの場所で開催しているに過ぎないけれど、これを起点にして展開してゆくつもりである。もし喫茶店やカフェのオーナーで、この居場所づくりに賛同してくださる方がいたらぜひ一緒にアイデアを練りませんか? 

画像1


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
33
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。

こちらでもピックアップされています

喫茶ひとりじかん
喫茶ひとりじかん
  • 20本

喫茶ひとりじかんとは。一杯のコーヒーがつなぐ人と人とのゆるやかな関係、気配を読み、また小さな声に耳を傾けるカフェの接客を応用した「居場所づくり」のためのプロジェクトです。町のそこかしこに、こうした居場所をつくりたい。その思いや試行錯誤の日々を綴っています。居場所づくりにお店や事業所を活用したい方、どうぞお気軽にお声かけ下さい。また、活動のサポートもお待ちしております。https://kissahitori.tumblr.com/

コメント (6)
岩間さん
早速のご返信ありがとうございます!
オルデンバーグや岩間さんのnoteを読みながら、今日の日本も同じ轍を踏んでしまっているように感じます。

個人的には「日本人がサードプレイスと感じる居場所はどのようにして作られるか」という問いはもとより「そもそも日本人はサードプレイスは必要だと感じているのか?必要だと感じさせるにはどのようなアプローチが求められるか」という、一歩前の段階から検討しなければならないような気がしています。
スズタユウキさん

僕個人、17年間カフェを経営してみて感じたのは、こうした居場所を必要としている人たちは日本にもたくさん存在すると思います。高齢者はもちろんですが、子育て中のお母さんだったり家族を介護している人だったり、学校生活にうまくなじめない人だったり……。

ただ、こうした場所を必要としている人が気軽に居られる場所というのが実はあまりない(元気なお年寄りが交流を深めるような居場所ならあるのですが)のですよね。そして、それはそうした人たちがそのような場所を必要としていることにみずから無自覚というのもあると思います。

ですので、こんな場所がありますよ、ちょっと来てみませんか?という声をしっかり届けてゆくことも大切だと感じています。
岩間さん

興味深いです。

確かに元気な高齢者が”より”元気になるような居場所ばかりつくられていて、”そこまで深刻ではないんだけど、ちょっとした悩みを聞いてくれる場”というのは少なくなっているような気がします。商業的な側面から、客の回転率を上げるような店舗が増えてしまうことも分かるのですが、幼少期の大半を駄菓子屋で過ごした私からすると、とても悲しく感じます。

ただ、こうした居場所は、括らないからこそ魅力が発揮されるものなので、無意図的なものを意図的につくる難しさがありますね。本当に場や空間ごとに手探りで行くしかないと思います。
スズタユウキさん

駄菓子屋いいですね。喫茶店もそうなのですが、わざわざあつらえるのではなく、既存のお店を限定的に活用して居場所にするような試みをいま進めているところです。また興味深いお話楽しみにしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。