新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

まだ生きている。

177.まだ生きてる

フィンランド語で、英語のハウ・アー・ユー? にあたる表現はミタ・クールー? である。返答はどうだろう?

英語だと、ファイン、サンキューがふつうだろうか。それに対するのは、フィンランド語ならキートス、ヒュヴァー。あるいは、イハン・ヒュヴァーといったところ。

でも、こういった社交上の定型文をフィンランド人はさほど重視していない印象がある。たいして親しくない間柄ならともかく、仮に「調子はどう?」と親しい友人に尋ねれば、「まあまあ」とか「いまいち」とかその時々のコンディションに応じた素直な反応が返ってくるのではないか。

そこで思い出すのは、かつてmoiでフィンランド語クラスを主宰していたリーサ先生のことだ。「ミタ・クールー?」と軽くあいさつがわりに尋ねると、

オレン・ヴィエラ・エロッサ

と答えてニヤッと笑うのがいつものパターンだった。オレン・ヴィエラ・エロッサ、つまり「まだ生きてるよ」である。そしていま、ぼくはこの「オレン・ヴィエラ・エロッサ」という生存確認のフレーズがとても恋しい。

新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以降、ぼくらにとって「死」はこれまで以上に身近なものとなった。すくなくとも、場合によっては「死」をもたらすことになる見えないウイルスの存在は、ぼくらにとって他人事ではなくなった。21世紀型メメント・モリの到来。

でも、いや、だからこそ、ひさしぶりに会うことが叶った友人とは「ミタ・クールー?」「オレン・ヴィエラ・エロッサ」、まだ生きてるぜと満面の笑顔で言い合いたいのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,214文字 / 画像1枚
記事を購入する

まだ生きている。

岩間 洋介(Moi)

100円

この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
13
北欧フィンランドがコンセプトのカフェ「moi(モイ)」を東京で17年間やってました。現在はフィンランドに特化したポータルサイトを制作中。「喫茶ひとりじかん」という居場所づくりのプロジェクトもMUJIの協力の下、開催しています。 https://linktr.ee/moicafe

こちらでもピックアップされています

誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
誰かが淹れてくれたコーヒーはおいしい
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

ここでは、カフェで常連のお客様にだけこっそりお話しするようなエピソードを書いています。固有名詞や少しプライベートに踏み込んだ内容も登場するため有料とさせていただきました。メニューは以下の通り。 まず、読み物を月3〜4本程度。内容は、「やさしい気持ちになれる話」「日々の暮らしに刺激となる話」「クスッと笑える話」に限定します。読んでよかったと思っていただきたいので。 さらに、活動日誌を随時公開します。 フィンランド関連プロジェクトの最新情報や、現在進行形の企画、アイデア、イベントの情報なども可能な限り現在進行形で公開していきます。コラボなどに関心のある方もチェックしていただけると嬉しいです。そして、たぶん趣味の話なども。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。