新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

笑いで日本を元気に! “自粛”に負けないお笑い芸人の取り組み

こんにちは、モダンエイジの高橋KSK(@ksk_sos119)です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大や7都府県への緊急事態宣言の影響を受け、様々なイベントの自粛が続いています。モダンエイジ/ModernAge noteでは、イベント自粛による音楽業界の取り組みを紹介してきましたが、音楽業界以外のエンターテイメントでも影響を受けています。

他のエンターテイメント業界でも例えば、お笑い業界でもその余波により、多くの芸人/ライブハウス/イベンターが思うように活動ができない状況に立たされています。

このようなネガティブな状況を乗り越えるべく、お笑い芸人を中心に様々な新しい取り組みが生まれております。例えば、SNSを通じて芸人が数珠つなぎにギャグを行っていく「ギャグつなぎ」や無観客でのお笑いライブを有料配信や投げ銭という新たな選択肢に注目が集まっています。

ということで今回は、いまお笑い業界が行っている様々な取り組みを紹介していきます。

1. #ギャグつなぎ #ギャグリレー

「#ギャグつなぎ」「#ギャグリレー」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出を自粛している人たちを元気づけるために、お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春さんが考案したリレー企画です。

先日、お笑いコンビの令和喜多みな実・野村尚平さんから、まさかの菅田将暉さんにバトンが渡されたことで話題となっていました。

まだ見ていない方は、お笑いライブ配信情報ワラリー!さんのアカウントでまとめられているので、ぜひご覧ください!

2. #リレーまわってこない芸人

「#ギャグつなぎ」「#ギャグリレー」が話題になる一方で、中々バトンが渡されていなかったお笑いコンビのマテンロウ・大トニーさんが自発的に行った「#リレーまわってこない芸人」投稿から始まった企画です。

本家の「ギャグリレー」と「リレーまわってこない芸人」のどちらも面白くて、注目です!

こちらもまだ見ていない方は、お笑いライブ配信情報ワラリー!さんのアカウントでまとめられているので、ぜひご覧ください!

3.『リモート漫才する奴』 ジャルジャル公式チャンネル

オンライン会議システム「Zoom」を利用した“リモート漫才”に挑戦した動画をあげています。"リモート"という点をネタにしつつ、シュールな魅力を”リモート”という点さえも逆に活用し、増幅させた漫才を披露していた。

現在ジャルジャル公式チャンネルでは、コロナ自粛で退屈するファンへ年末の108本ライブをYouTubeに一挙公開している。

▼ジャルジャル公式チャンネル

4. 毎日インスタライブで新作漫才披露 ミキ

4月8日より、毎日18時にインスタライブで新作漫才を披露している。
漫才ツアー「ミキ漫2020」で全国13カ所を訪れる予定が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現時点で初日公演の中止を発表しているミキが新ネタをインスタライブでファンに届けています。

5. 「ニューヨークのニューラジオ」「ダイタクのニューラジオ」 ニューヨーク/ダイタク

お笑いコンビ・ニューヨークとお笑いコンビ・ダイタクが、3月2日から「ニューヨークのニューラジオ」「ダイタクのニューラジオ」をそれぞれ毎日生配信している。
これは新型コロナウイルス拡散防止のため、所属する吉本興業が主催する全公演を当面の間中止としたなり、本来劇場に出演していた芸人をラジオにゲストとして招き、様々な話を行っている。
※出演料は交通費一律1,000円で行っているとのこと。

ダイタクTV

ニューヨーク Official Channel

最後に

「緊急事態宣言」が出されたいま、多くの方が家の中で過ごす日々が続いているかと思います。今までにないこの特殊な状況下により、色々なストレスを抱えてしまうケースも出てきています。

そんな中、芸人の皆さんが"お笑い"というエンターテイメントを通して、笑いを届けてくれることで、日々の生活の楽しみになり、笑うことでストレスを解消してくれる最高のコンテンツになっています!

その他にも、音楽・映画・マンガ・ゲームなどの業界でも様々な手法を用いて、エンターテイメントを私たちに届けてくれています。
この特殊な状況下で、様々な取り組みでエンターテイメントを私たちに届けてくれていることから、改めてエンターテイメントが日々の生活を豊かにしてくれていると再認識しました。

私たちModern Age/モダンエイジは、これからもエンターテインメントのチカラを信じ続けていきます。
私達にできることがあれば、下記連絡先までご連絡ください。

メールアドレス:ml-ma@tribalmedia.co.jp

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

次回の更新もお楽しみに!
22
Modern Age / モダンエイジは、トライバルメディアハウス内のエンターテインメントマーケティングレーベルです。 エンターテインメントマーケティングに関するデータや事例を発信していきます。https://modernage.tribalmedia.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。