ゆかのすけ

36歳、3児の母。フルタイム勤務。自分の働き方、これからの未来を模索する日々。

ゆかのすけ

36歳、3児の母。フルタイム勤務。自分の働き方、これからの未来を模索する日々。

    最近の記事

    ポジウィルキャリアを受けた話④

    面談3回目。今回は今までの職についての振り返りの回。 まず面談の最初に聞かれるのがこの1週間で何か変わったことはあるか。 今回、間違いなく言えるのは自分の決断に迷いがなくなったこと。 1週間の中で大きな決断をしたわけではないが、本当に小さなことでも迷いがなくなったなと感じる。 どっちのケーキを食べるか? どっちの商品を買うか? どの仕事を先にやるか? 今まではこんな些細なことでも決断しても迷っていた。 あ~あとでこっちがたべたくなってしまうかも。 本当にこっちでいいのか

    スキ
    2
      • ポジウィルキャリアを受けた話③

        - ポジウィルキャリア面談2回目 2回目の面談は過去に遡る回。 ポジティブ体験、ネガティブ体験、家族のこと、関わり・・・ 面談の最初に問いかけられたのはこの1週間で何か変化はあったか。 間違いなく、以前よりも自分のことを責めなくなっていた。前は自分で自分のことを責めるところがあったと思う。嫌だなと思う、めんどくさいと思う、その小さなことですらそんなことを思っちゃいけないと思っていた。 前回のブログにも書いたように~べきに囚われるが故に、思うことすらだめだと責めていた

        スキ
        3
        • ポジウィルキャリアを受けた話②

          無料カウンセリングから有料プランで本格的にカウンセリングを受けることにした。 担当カウンセラーとなったのは中川さんという男性の方。 優しい物腰の柔らかな方だという印象。 カウンセリングを受けるまでの間に事前にワークシートを埋めていく。 なかなかのボリューム。 自分のことを言語化するって難しい。 家族のことを書いていくと涙が出てきた。 自分の自己肯定感の低さや承認欲求の強さは家族に大いに関係するのかもしれないと気づかされる。 カウンセリングまでの間、自分のことをよりよく話せ

          スキ
          2
          • ポジウィルキャリアを受けた話①

            ポジウィルキャリアのデザインキャリアプランを受けることにした。 この1か月どう進んでいくのか、どう変わっていくのかまとめていこうと思う。 ポジウィルキャリアを受けるきっかけはインスタで見かけたからだ。 36歳、子は3人。高卒。高卒で入った会社にずーっと働いている。 入社当時から辞めたかったのにずるずるとここまできてしまった。 このままではいけない、転職したい、スキルもない、どうしたらいいのか分からない。 そんなモヤモヤを抱えたまま過ごしていた中で、何か掴めるかもと ポジウィ

            スキ
            3