鶴田 浩之 (Hiroyuki Tsuruta)

連続起業家。2011年から、すごい時間割/ゲームエイト/ブクマ等を開発、数回M&Aを経験して2017年にメルカリグループ新規事業担当執行役員に就任、同社でIPO経験。2020年から、ISA = 卒業まで学費不要のエンジニア養成校を設立し、教育フィンテック事業に挑戦中。一児の父。

コロナの学生にプログラミングを教える非営利プロジェクト「CODEGYM Academy」における 25,312,500円 の収支報告、活動報告(中…

コロナ禍になって、自分になにかできることは無いかと考えた結果、スポンサードとクラウドファンディングの呼びかけによって、高校生・大学生(※ 経済的事情により中退を…

ひとつの夢がかなった日

オンライン授業になって、大学に行く価値はあるのだろうか? いやそもそも、大学の価値って、なんだっけ? そう考えることの多かった、1年間でした。 大学は勉強をしに…

#前澤ファンド の審査を経て、前澤さんの前でピッチした「生の事業計画書」 93ページを、PDFで無償公開します。

前澤ファンドに挑戦して、何度かあった審査と、前澤と直接お会いしてピッチを経験しました。 そのときに提案した事業アイデアについて、最新の事業計画書を、note に無償…

【後編】 CODEGYM 創業の舞台裏。あるいは教育を本気で変えるためには、という起業家精神について

CODEGYM(コードジム)を創業して1年が経ちました。 < この記事には前編があります。ぜひ 前編からお読みください >  長文エントリーです < 16,000文字 / 読了時間 20…

【前編】 CODEGYM創業の舞台裏。プロダクトマネージャーを経た連続起業家の僕が、日本初の「出世払い」のエンジニア養成学校を立…

CODEGYM(コードジム)を創業して1年が経った。 日本初の「出世払い」( Income Share Agreement , 所得分配契約 ) のプログラミングスクール「CODEGYM ISA」を立ち上げて…

下書き

下書きには、本音が隠れていると思う。 ブログやTwitterで衝動的に書き始め、 思いとどまり下書きとして残ったフレーズ。 その言葉たちは、ときに過激さを帯びていたりす…