医療機関の経営パートナー 竹森健太
在宅療養後方支援病院の支援事例紹介(200床以上病院向け)

在宅療養後方支援病院の支援事例紹介(200床以上病院向け)

医療機関の経営パートナー 竹森健太

在宅療養後方支援病院とは、在宅医療を提供している医療機関と連携し、患者の急変時に在宅療養後方支援病院が24時間体制で入院受入を行う仕組みです。この場合、患者から入院希望を受け付け、事前に同意して頂く必要があります。連携先は、200床未満で在宅時医学総合管理料などを算定している医療機関が対象になります。具体的な連携イメージは下記スライドの通りです。

この続きをみるには

この続き: 322文字 / 画像4枚

在宅療養後方支援病院の支援事例紹介(200床以上病院向け)

医療機関の経営パートナー 竹森健太

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
医療機関の経営パートナー 竹森健太
医療経営支援事務所 代表 クリニック・病院・介護事業所向けの経営コンサル会社。 経営支援の事例や医療機関の経営者に有益な情報を投稿します。